2020年06月28日

中央流沙(松本清張ドラマ2009)#2742

2009年 TBS

 2005年に宝塚を卒業した和央ようか主演。ピアノは実際弾いてるみたい。その後結婚してあまりメディアには出てないみたい。話はその旦那の石黒賢が収賄の疑いで事情聴取を受けている中、ハノイで心中して死んだという。登場したときは悪役っぽかった高嶋政宏と探偵役でその裏を探る。
 官僚政治家御用達の白金倶楽部のママかたせ梨乃が、政治家にしたかった息子が殺人を起こしてしまい、隠すために奔走する中で、事件に絡んでくる。

 現地日本人スタッフ役でおしんの小林綾子が出てた。
posted by 映画のせかいマスター at 13:21| Comment(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月22日

紐(松本清張ドラマ1996)#2741

1996年 TBS

原作は「黒い画集」の中の一つの短編

河川敷で紐で縛られた死体(内藤剛志)発見、刑事はその丁寧な縛り方に疑問を持つ。身内の犯行なので丁寧に行ったのではないかと考えるが、妻(名取裕子)や妹夫婦にはアリバイがある・・。

室田日出男が定年間近の刑事役、殺された主人の過去のフラッシュバックで、その人となりが判明していくのだが、だんだんと同情に変わっていく。主人公の名取裕子は嘱託殺人という難しい役どころ。自殺では降りない保険金を自らの命と引換えにするという追い込まれた人生。
posted by 映画のせかいマスター at 13:57| Comment(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月19日

迷走地図(松本清張ドラマ1992)#2740

1992年 120分 TBS

松本清張作家活動40周年記念ドラマ。
次期総裁候補の二谷英明と若尾文子夫妻、若手のゴーストライター世良公則とその秘書有森也実が、現総理を引きずり降ろそうとするが、秘書の森本毅郎が海外で事故で亡くなる。彼が託していたのは次期総理候補婦人の情事の音声テープだった。

政界の固い話で、有森也実がちょっと和ませる役どころ。映像作品で見るのは初めてだが、総裁選挙の裏を描いてて、なかなかテレビでは馴染まなそうだけどww松本清張政治シリーズも何作か映像化されてて、まあおもろい。冠がついてなかったら見なかったかもなんで、意義はある。
posted by 映画のせかいマスター at 08:44| Comment(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月18日

ゼロの焦点(松本清張ドラマ1983)#2739

1983年 TBS

橋本忍、山田洋次が脚本し、映画化の際の監督、野村芳太郎が監修をつとめたドラマ。あらすじはおなじみで、主演の星野知子(!すっかり忘れてたけどたしかにいた!!ww)が新婚の旦那勝野洋の失踪を探しているうちに過去の女達の秘密、いわゆるパンパンがあるっていうのを知ってしまう話。

前半50分くらいほとんど謎が進展せず、警察は自殺で処理した案件を、なぜか?(笑)主婦の主人公が解き明かして、後半すぐに謎解きに入ってあとは大谷直子の告白とともに過去を振り返る映像になる。後半良かったので、前半もう少し物足りない。が、充実のドラマ。
posted by 映画のせかいマスター at 07:32| Comment(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月17日

指(松本清張ドラマ1979)#2738

1979年 おんなシリーズ7話 TBS

山本陽子主演。ホステスが喫茶店で出会った他店のママと意気投合してそのまま家に泊めてもらう。誘われるままに、レズの関係に・・。それを見ていた管理人のおばちゃんに知られてしまうが、その後も関係が続く。しかしある日、ママの訃報が届く。そして時は流れ、ママの内縁の夫の息子と偶然恋に落ち、結婚することに。しかしその息子が新居に選んだのはママの部屋だった。ママとの関係を息子に知られないため、管理人のおばちゃんを絞め殺す。それを見ていた飼い犬・・。そしてその犬の子供を妻へのプレゼントと持ち込んでくる・・。

タイトルの指は、絞め殺す際に傷になった指のこと。犬の存在に耐えきれずに犬も殺してしまうのだが、それを見ていた新管理人が通報し過去の殺人もバレてしまうというオチ。

ほぼ原作通りで、尺も丁度いい。その後リメイクされるたびに脚色されて原作から離れていくので、オリジナルが好きなファンにはいいかな。

ママ役の水谷良重はその後二代目水谷八重子に改名、山本陽子もセクシー!
posted by 映画のせかいマスター at 19:56| Comment(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月16日

熱い空気(松本清張ドラマ1978)#2737

1978年 おんなシリーズ6話 TBS

その後家政婦は見たシリーズとして一世を風靡する事になる原作。森光子が家政婦の役。大学教授長門裕之の一見平和な家庭だが、家政婦は知っている不良の子供、生意気な次男、嫉妬深い妻、母浦辺粂子の5人家族の内情。夫は妻の妹と不倫関係にある・・・。
この話の面白いのはたまたま会った生意気な次男に家庭の後日談を聞くこと・・。それは聞くも涙の・・
まー確かに他のパターンも見たくなる。この話が良かったのがのちのヒットを生んだかな
posted by 映画のせかいマスター at 08:35| Comment(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

記憶(松本清張ドラマ1978)#2736

1978年 おんなシリーズ5話 TBS

原作は「たづたづし」でそのタイトルで何度か映像化されてる作品。殺されかけた女十朱幸代が記憶喪失になって現れることから今回は「記憶」というタイトル。ラストは作品によって違うが、今回は記憶が戻らないまま夫と復縁し、幸せに暮らしてるところを出張先で偶然見かけるっていう結末。

そもそも自分の都合で殺しといて、記憶がないと確認したら、また気持ちが高まって付き合い出すっていう、一粒で2度美味しい♪みたいなやりたい放題な男児玉清がに食らわされた結末としては物足りない??
十朱幸代は健気で可哀想なまま終わりましたw
posted by 映画のせかいマスター at 07:55| Comment(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月15日

足袋(松本清張ドラマ1978)#2735

1978年 おんなシリーズ4話 TBS

池内淳子主演。今回のおんなも可哀想な役割。不倫の恋に本気になってしまい、つきまとうようになる。怪訝に思う男は距離を置くようになるのだが、、、

足袋はその道の人の分はほとんど特注らしく、途中で脱げたりはしないそうだ。最後にヒロンの死をTVで知ることになる男の郵便受けにはもう一方と思われる足袋が。水死体には片方だけしか足袋が履かれてなかった・・。
posted by 映画のせかいマスター at 14:46| Comment(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心の影(松本清張ドラマ1978)#2734

1978年 松本清張おんなシリーズ3話 TBS

タイトルは違うけどおなじみの「顔」今回は主演の大空真弓が、旅行先で交際中の男に殺されそうになり、逃げているうちに男が崖から落ちて死んでしまう。秘密の間柄だったため、事件は迷宮入りとなったが、一緒にいたのを知っている男織本順吉が一人いた。8年経ち事件のことは忘れられている頃、女は女優として芽が出る。プロデューサーの渡瀬恒彦に見いだされ、TVに出るようになる。あの時の男に顔を思い出されると心配になり、手紙を送り、その時の宿に呼び出すのだが、男は自分のことを覚えていない。安心した女は表情も豊かになり、ますますTV での露出が増えていくのだが・・。

短編の単純な話はこれくらいの尺がちょうどいいなあ
posted by 映画のせかいマスター at 13:38| Comment(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

馬を売る女(松本清張ドラマ1978)#2733

1978年 松本清張おんなシリーズ2話め TBS

 2回目は倍賞千恵子主演。松本清張と倍賞千恵子といえば霧の旗http://eiganosekai.seesaa.net/article/138849795.html
このときの怖い女を彷彿させることなく、身寄りのない社長秘書の女が、競馬情報がかかってくる社長の電話を盗聴し、情報を流して稼いでいる役。社長に探偵を頼まれた財津一郎にそれまで貯めてた金を貸し、取り返そうとしてあっけなく殺されてしまう可愛そうな女の役。
posted by 映画のせかいマスター at 08:16| Comment(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする