2024年04月17日

すずめの戸締まり #2956

2022年 日本 121分 
新海誠
 椅子のキャラとかはジブリっぽい。壮大な空間を使ったファンタジックな映像は劇場で見ると迫力ありそう。なんか雰囲気で感動してしまった。が、人物のキャラはあまり掴めなかった^^;過去の自分に伝えたいこと、もう覚えてないような幼少の記憶の中から、手がかりを見つける、などなどなんだかわかる。あともう一つ自分に響けば最高だったな。集中して劇場で見ればよかった。ラストのRADWINPSの歌も感動的
posted by 映画のせかいマスター at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月01日

不適切にもほどがある(連続ドラマ2024)#2955

TBS 全10回

宮藤官九郎脚本の今シーズンのNo1ヒットドラマ。令和の規制だらけの世の中に、昭和のやりたい放題だった中年がタイムスリップして2つの時間を行ったりきたりしながら、お互いの良いところ悪いところを発見していく。何と言っても昭和の時代、ああいうのが許されてたよねってのが、映像になると改めて見れて一気に引き込まれてった。もちろん最初のバスの中で喫煙シーン(笑)
学校の先生とかもあんな感じだったなー。現代のなんかするとすぐ叩かれて、もう二度と許されないような風潮も、ミュージカル風に演出されてて良かった。

あとはタイムパラドクスの小ネタやキョンキョン(本人も登場)とかの昭和のスターネタ、懐かし〜もともとタイムトラベルは美味しいネタなんだろうけど、見事に昨今の社会風潮と昭和をかけ合わせていいドラマだった。続編を匂わせる終わり方だったけど未来ネタは大丈夫なのかなあww
posted by 映画のせかいマスター at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月29日

世界から猫が消えたなら #2954

2016年 103分 日本

川村元気原作のベストセラーの映画化。余命幾ばく可になった主人公のもとに自分と同じ顔をした悪魔が現れ、大切なものと引き換えに1日命が伸びる。筒井康隆のひらがなが1つずつ消えていく話を思い出した。何かがなくなったらどうなっていくかという話かと思ったらそうでもなかった。最初こそ電話や映画、時計などが消えてくけど、それより元恋人と再会して、亡き母が残した手紙を手にして、疎遠になった父を思い、っていうロマンティックな話。
posted by 映画のせかいマスター at 04:54| Comment(0) | TrackBack(0) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月27日

#居酒屋新幹線(連続ドラマ2024)#2953

2024年 TBS 全12話

 グルメドラマに新たな視点を投げかけたドラマのシーズン2。内部監査で日本中を飛び回る主人公が帰りの新幹線の中で食べるグルメと酒を現地で買い込んで、飲んで帰るっているワンパターンが12話。今回は家族のエピソードがやや少なめで、その分Xと思われるSNSでのグルメ友達との会話が多かったような。

 また東京より北へ行くのが多かったようで、南に住んでる私には折角の情報もいつ使えるかわからない(メモはしたけど念の為(笑))次のシーズンはこっち方面来て〜〜。おそらくシリーズ化も踏まえて、地方を選んでると思うけど。

 で、居酒屋新幹線、やってみたいと思うわけで、グラスとかセット作って持っていきたい!でも実際の新幹線は満員で、日本酒広げるの恥ずかしいwwこっそり直飲みしながらなんとなくの居酒屋新幹線しかできなかった〜まだこれからにも期待!
posted by 映画のせかいマスター at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月23日

正欲 #2952

2023年 日本 

 性欲がなく、水に掻き立てられる女性新垣結衣は同じ嗜好だと思ってたけど転校で離れ離れになった男磯村勇斗と、世間体のため籍を入れて共同生活を始める。Youtubeの子どものチャンネルで不登校だった少年が笑顔を取り戻していく。少年の父稲垣吾郎は、刑事で、正しいこと以外は認めない主義。彼を主人公に置くことで、映画を見る人の視点がいわゆる世間一般の目であることを形成している。多様性が認められていてもさらなる少数派はまだまだ認められないし、そのそも多様性は認められているようでまだ息苦しいのだろう。全く理解のできないことに対して人はなにか理由や答えを求めてしまう。それでもだめなものは排除しようとする。そういう社会の中で明日を生きる気持ちもないけど、紛れ込んで過ごすだけだったはずが、最後は巻き込まれてしまい、、、。

 なかなか深いテーマだ。朝井リョウ原作で1回見ただけじゃ本質はわからないかも。バラバラの5人がつながるのが見事だけど悲しい。
posted by 映画のせかいマスター at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蜜と毒(連続ドラマ2024)#2951

2024年 テレビ東京系 全10話

夫婦がお互いに不倫してしまうんだけど、その相手がどんどんヘンテコスリラー系になっていっちゃう話。女の方は社長令嬢の座を使ってやりたい放題、想像妊娠、暴力系、、男は母親との過去がトラウマになり、女に母を求める。その2人が手を組んで、、、。追い込まれる主人公夫婦はどうなる?

くだらんといえばくだらんのだけど、主演の入来茉里ちゃんがタイプでついつい最後まで見てしまった。露出も多く^^;セクシー体当たり演技!
posted by 映画のせかいマスター at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月20日

映画ドラえもん のび太と空の理想郷 #2950

2023年 日本 107分

シリーズ42作目(2期シリーズ17作目)。ユートピアと思ってた場所はとんでもない洗脳社会だった!っていう現実の社会でもありうる笑えない?!テーマ。のび太他しずちゃんまで洗脳されてるシーンはこわすーーww
のび太は相変わらずのぐうたらで、パーフェクト小学生には程遠く、逆に全く乗ってこないって言うんでマークされてしまってる。ただのぐうたらなのにwwそしてみんなを救うため立ち上がるのであった!!

ひさびさTVでやってたんで見た。映画館で子どもと見てた頃が懐かしい。もう一緒にいかない歳になったんで映画館で見ることはないかも、孫?(笑)
posted by 映画のせかいマスター at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラえもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月18日

離婚しない男(連続ドラマ2024)#2949

2024年 全9回 テレビ朝日系

鈴木おさむ脚本、これにて脚本の仕事は終了ということで最後の作品として注目されたが、やっぱり内容が過激で話題になった。私生活で泥沼?の再現?篠田麻里子が体当たり不倫シーン連発。初期はそれで話題になり、その後も続々と藤原紀香、観月ありさなど投入、弁護士の水野美紀も絡んできて話題に欠かせない展開だった。ま、話題にはなったけど内容は、、、それだけだったりもするんだけどねww
なかなかここまで攻めたドラマも作りにくい世の中なんで、おもろかったけど。
posted by 映画のせかいマスター at 06:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月13日

正直不動産2(NHKドラマ2024)#2948

2024年 NHK 全10話

人気シリーズの続編。2からは1でライバルだった倉科カナがパワー減?でディーンフジオカが登場。えげつないとも言えるやり方で販路拡大していく。不動産の知識を交えて主人公永瀬山下智久がライバルの不正を正していって大団円てきな。サイドストーリーでは泉里香と結婚へ向けて進んでく。不動産投資必勝法みたいなのが見たいけど、なかなかテレビでは難しそう。真似して損したらコトやからね。
もう一人の主人公福原遥も相変わらずまっすぐキャラっで華を添える。
posted by 映画のせかいマスター at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月06日

ある男 #2947

2022年 121分 日本

平野啓一郎原作の映画。原作はこの作品の他もほぼ読んだことはないが、年代も出身地も近くて、この映画も今までに読んだことのないような展開をする話だったんで、非常に興味ある。映画はたくさんはなかろうから小説読んでみようかな。

で、この映画は、子持ちバツイチの安藤サクラの店にフラッとやってきた窪田正孝、平穏に暮らしていた二人だったが、ある日事故で男が亡くなる。葬儀に訪れた男の兄が言うには、この男は違う男だとのこと。男は何者だ?という正体探しが始まる。そこで探偵役になった妻夫木聡が主役とも言えるんだけど、男の正体を探しているうちに自らの出自をも問うていく。

カラクリは戸籍交換。過去の自分を捨てて別の人間になりたいと願う人がどれだけいるのかは分からないが、ニーズはありそうな??で、交換した相手の人間関係も含めて描かれていく。

終わり方も含めて、何をどう感じればよいのか、すんなりとはわからない。それは面白くなかったということではなくて、難しいと言うことでもなく、今までの自分とリンクする部分の大小ということなんだろうけれども、逆にそれだけ新鮮でおもしろいけれど、なんかフクザツだなあww
posted by 映画のせかいマスター at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | あ行の映画(43)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする