2023年05月11日

ふろがーる!(連続ドラマ2020)#2905

2020年 テレビ東京 全6話

ドラマパラビの深夜ドラマ。ほぼ前編桜井日奈子の住むアパートの一室だけで完結するストーリー。原作は漫画。
いろんな風呂の楽しみ方を毎回紹介する。1話はバブルボム、2話はフルーツ、3話ミストサウナ、4話泡風呂、5話夏風呂、6話総括、、とまあよくネタ切れせずにやるもんだ。桜井日奈子はなんかまだ垢抜けしてない感じで、武士言葉で一人会話。登場人物も後輩とゲストくらいで安上がり?(笑)なドラマ。サウナブームで家サウナ開発中の自分には色々と参考になりました〜!
posted by 映画のせかいマスター at 06:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年03月16日

映画ドラえもん のび太の 宇宙小戦争 リトルスターウォーズ 2021 #2904

2022年 日本 108分

1985年のリメイク版。コロナで1年伸びて2022年3月に公開。
ピリカ星の大統領パピとその愛犬が地球に迷い込んでのび太に助けられる。この宇宙人サイズが小人なのでスモールライトで小さくなって宇宙へと助けに行く。元の姿に戻ったとき巨人と言われるのは別のアニメの影響??宇宙船でバチバチの展開で、途中スネ夫が心折れて慰められるシーンあり。

自分が小学生の頃から始まった映画シリーズ、子供を連れて見に行く時代を経て、ついに子供がドラえもん卒業し、TV放送を録画したけど、見てるのは父のみという。時の移ろいを感じるなあ。

posted by 映画のせかいマスター at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラえもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年02月26日

湯道 #2903

2023年 日本 劇場で見た映画

 小山薫堂企画脚本で楽しみにしてた。企画モノ過ぎてつまんないかとも思ったが、しっかりした作りで完成度高かった。昔ながらの銭湯を継いだ兄弟の話と、湯道(茶道とか華道みたいな架空の道場、ほんとにありそうww)の話が交互にあって、さらに銭湯を訪れる人達の群像劇となっててどのキャラも魅力的で目が離せない。2つの話をリンクするのは、師範代の一番良かった風呂に橋本環奈を探しに行くとこと、謎の風呂仙人。

 一番感情移入するのは小日向文世が郵便局を退職して退職金で家の風呂をヒノキに変えるとこ。私もせめて風呂掃除くらいしっかりやろうw
流行りのサウナは出てこなかったが、いまだ探せばかならずある昔ながらの銭湯、回ってみたくなった。ちゃんとエピソード同士がつながりがあっておもしろかった。
posted by 映画のせかいマスター at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | や行映画(9)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三千円の使い方(連続ドラマ2023)#2902

2023年 テレビ東京 全8話

 原田ひ香原作のドラマ。おばあちゃんに聞いた三千円の使い方で人生が決まるという言葉から、自立して夢に向かって生きていこうとする主人公(葵わかな)とその家族の物語。毎回家族の誰かにスポットが当たる形式で、毎回ちょっと感動エピソードが入りながらほんわかと進むので安心して泣ける話。
キャストはちょっと豪華とまでは行かないが、謎の男橋本淳のキャラが良かったのと、何と言っても中尾ミエさん!76歳だそうだけど、いい年のとり方しててとても素敵だった。節約アドバイザーで講演してるアンミカとか、結婚相手の両親がなんかぶっ飛んでたりとか、怒り爆発するお母さん森尾由美とか見どころ満載でした
posted by 映画のせかいマスター at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月15日

そして僕は途方に暮れる #2901

2023年 日本 122分 三浦大輔劇場で見た映画

 浮気がバレて彼女の家を飛び出す主人公、友達、先輩、次々に都合悪いと逃げ出して、頼るは姉、そして最後の頼み母。結局どこも長続きせず、雪の中で手を差し伸べたのは、家族を捨てた父。逃げて逃げて逃げまくれと、ある意味的確なwアドバイスをくれる。反面教師に発奮し、変わろうとする主人公を待っていた結末に、そして僕は途方に暮れるしかないのである。

 クズの主人公だけど、その気持はよく分かる。そのままにしてると誰も周りにいなくなってしまう、ってのもわかるけど。

ところどころに映画エピソードがあって、映画愛にあふれていた。
posted by 映画のせかいマスター at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月14日

思い出のマーニー #2900

2014年 日本 104分 スタジオジブリ

ジブリらしい幻想的な話。どこがかというとタイトルのマーニーそれ自体。子供時代になにかの象徴的な存在を親友として大切にするのはよくあることだと思うし、そこにいろいろドラマを絡めて重厚なアニメになってる。風景もまたよい
posted by 映画のせかいマスター at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | あ行の映画(43)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月11日

コンフィデンスマン英雄編 #2899

2022年 日本 127分

劇場版第3弾なんだけど、実はドラマから見るの初めて。キャラ設定もよくわからんし、誰が初出てきて誰が前からのキャラなのかもわからんまま、結構いいペースで進んでいった。ネットの映画評で絶賛されてたんで見てみたけど、途中から視線を変えて元の最初の日に戻ってをもう一回見せるとこがなるほどうまい。ちょっとだめな人たちなのかと思ったら最後はしかり決めてくれて爽快!ドラマから見ておけばよかったけど映画が3本も出るなんて思わないんだもん
posted by 映画のせかいマスター at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月21日

First love初恋 #2898

2022年 Netflix 全9回

CMバンバンやってたネトフリの連続ドラマ。満島ひかりと佐藤健の豪華キャストで満を持してお送りする恋愛ドラマ。過去と現在を行ったり来たりする構成で、過去の部分は宇多田ヒカルが世に出てきたときの衝撃から始まる。ああ、ついに昔の曲がテーマのドラマが自分にとってはかなり最近っていう時代になってしまったww

中学高校の初恋ネタがやっぱ淡い気持ちになるし、感動的なんだけど、記憶喪失設定はどうかな〜〜もっと現実的なのがいいんだけど。で、昔の恋人のはずなのに再会したとき反応がない、っていう謎から始まり、記憶が無いまま別れたということがわかる。ではいつどこで??ってのを小出しに過去の謎がわかってきて徐々に進んでいく。

伏線みたいな小道具がちょいちょい出てくるんだけど、回収が早くてすぐ判明する。せっかく現代と過去を回るんで、もっと伏線作りたい放題なんだろうけど、あえて抑えたか?ヒロインのお母さん役に小泉今日子、これYOUがやる役の枠やねww
最後の最後でFirst loveを聞いて記憶が戻って、最高潮のときにコロナで緊急事態宣言!も〜コロナドラマでも迷惑!
posted by 映画のせかいマスター at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月19日

キネマの神様 #2897

2021年 日本 125分 山田洋次監督 /脚本


 オリジナルかと思ったら原田マハ原作の小説の映画化だった。っていうくらい山田洋次ワールドだった。過去とシンクロするとこが確かにちょっとこれまでになくロマンチックかな??

 全編見て思うのは、志村けんさんだったらなあってこと。みんなそう思いながら見てたんだろうから沢田研二さん気の毒。彼の他に代わりができる俳優さんなんていなかったのに、やっぱりスマートすぎるというか、志村けんの見なくても想像できてしまうダメおやじっぷりにかなわない。もちろん志村さん本人はダメじゃなかったんだろうけど、あの見ただけで笑えてしまう動きとかコントでのダメさが計算しつくされてたってことが今更にしてよくわかった。最後にこの映画仕上げてて欲しかったけど仕方がないか。この映画も本来の見方で見たかったものだ。
posted by 映画のせかいマスター at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月18日

老後の資金がありません #2896

2021年 日本 115分

たまたま読んだ本が面白くて何冊か読んだ柿谷美雨原作。最近良く映像化されてる。どれも最後はきっとハッピーエンドだって言う安心感があって見ていられる。この作品もよくある話で誰もが共感する中、落とし所がそこか、ってのも予想できなかったし、一度は見といて損はない話では?

そええにしても草笛光子、90近いのになにあれ!!!あの存在があったからこそミュージカル風のラストも実現できたんだろうし、他にあの役ができる人はなかなかおるまい。ほぼほぼ彼女の映画か(笑)

はおいといたとして、老後2000万円問題が今後どう社会に影響していくのか、笑って見れなくなりそうな気もするけど、あまり気づいてない夫役の松重豊、気になる妻天海祐希、ありそうな夫婦でワロタ。
あと、葬儀で坊さんがお経でなんとか何十万円、、とか言ってるの爆笑、天海にあなたは宝塚は無理よとかww
posted by 映画のせかいマスター at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ら行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする