2018年09月19日

健康で文化的な最低限度の生活(連続ドラマ2018)#2594

2018年 フジテレビ系 全10回

柏木ハルコの原作漫画読んでたんで、気になって見た。生活保護という、あまり取り上げられてこなかったテーマに、見たくない人もいるだろうし、やっと取り上げたかと思う人もいるだろうから、複雑なんだろうけど、視聴率はあまり良くなかったみたいだ。
吉岡里帆ちゃんは明るいイメージのまま熱演し、川栄李奈、井浦新、田中圭が目立たず騒がずクールに脇を固める。主人公の余計な生い立ちとか恋愛とか排除してたのがよかった。
役所のこの部署、本当に大変なんだろうなと思う。俺だったら即鬱になるかも・・。今回出てきたキャラより強烈な人もっといそうだし・・・そういう意味では続編とかほしいけど、もう無かろうな
posted by 映画のせかいマスター at 08:11| Comment(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月18日

ゼロ一攫千金ゲーム(連続ドラマ2018)#2593

2018年 日本テレビ 全10回

ちょうど放送前にジャニーズの不祥事が出ちゃって、放送するなってクレームも多発したらしく、タイミング悪くて気の毒なドラマ。原作は福本伸行。
NEWSのメンバーとか知らなかったので、今回の主人公の加藤シゲアキが小説書いてたりしてちょっと賢い感じで良かった。ゲスト的に出てくる他のメンバー、ネットフリックスでサイドストーリーやってたり(加入してないので見てないけど)NEWS一躍有名に??いまさら??まワタシ的にそんな感じ。
原作に出てくるゲームを少しいじって、ゲーム中心のストーリーだったが、順番が最後に行くに従ってしょぼくなっちゃった。キャラもえーとか言ってたけど(笑)ラスボス?小池栄子との対戦はカードゲームになったり盛り上がりに欠けたなー。


posted by 映画のせかいマスター at 08:31| Comment(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月14日

悪い奴ほどよく眠る(ドラマ2010)#2592

2010年 フジテレビ

黒澤明生誕100年記念ドラマとは言うものの、ドラマ風なアレンジがいまいちだった。副総理の家庭の問題が複雑過ぎて、とよた真帆が孤児で家に迎えられたあと妹が生まれたもので追い出されそうになったが、踏みとどまり、義理の父である副総理と・・・なんていう、どろどろすぎる話いらないような??妹はヒロインであるはずなんだけど、無名の女優さん、復讐劇の主人公の村上弘明もパッとせず・・。
少し残念な、、
posted by 映画のせかいマスター at 17:26| Comment(0) | わ行映画(4)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月07日

ハゲタカ(連続ドラマ2018)#2591

2018年 テレビ朝日 全8回

何年か前、NHKでドラマ化されたハゲタカが綾野剛主演で帰ってきた!
日本の腐った会社を立て直す!っていうテーマで、いくつかのエピソードを取り上げる。

時に敵対時に共闘したパートナー渡部篤郎や、最初から悪役だった小林薫、強烈だった高島忠信、そしてホテル経営者の沢尻エリカまで、いろんなキャラがしのぎを削り、ドラマ的でおもしろかった。

ファンド内の攻防、独立したり、クビになったり、裏切りの多い話の中、ファンド仲間たちのツーカーの間柄は最後まで痛快だった!

posted by 映画のせかいマスター at 12:54| Comment(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月04日

ラストチャンス再生請負人(連続ドラマ2018)#2590

2018年 テレビ東京 全8回

ドラマBizというビジネスシーンに特化したドラマ枠のようで、1作目は見てないけど今回のは江上剛原作ということもあって見たのだが、1回目から激アツで面白かった。次も期待したかったがハラスメントのドラマみたいで残念。こういう企業再生とかの話はいいと思った。銀行の合併で退職した仲村トオルが入社した1部上場会社のデリシャスフーズは、実は前社長が裏で130億もの負債を抱えた会社だった。それを知った社長の本田博太郎はとっとと逃げ出し、社長になる羽目に。十和子フーズと業務提携したり、一軒一軒再建に向かわせようと地道な努力をするが、それ以上に訪れるピンチの連続。最終回の前半まで解決できずについに橋の上でボーッとしてしまうとこまで追い詰められてく。

 前にいた銀行の部下(こいつらがアホ丸出しのキャラ!悪意ある(笑))に融資を引き上げられそうになったり、強面の債務者から何度も詰め寄られたり、ホワイトナイトのはずが買収されそうになったり、一体誰を信じていいやら。。。結局は前社長も戻って一件落着するのだが、普通なら買い叩かれて終わり!だな。

 いやー月曜から感動して一週間頑張ろうと思えた!



posted by 映画のせかいマスター at 07:54| Comment(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月03日

聲の形 #2589

2016年 日本 129分

 聴覚障害の子が転校してきた小学校に起こるいじめ。主犯格の男子児童は騒動の顛末に逆にいじめられる。その後一人で生きていく主人公はいじめていた少女のことが気になっていた。少女に誤って死のうとしたのだが。。。
少女とは再会するが、なかなか打ち解けることができず、、

 小学校の仲間たちはその後バラバラの学校に行って最後は集結するんだけど、核となるのは聴覚障害の少女。それぞれが障害と向き合い、いろんな形で、気づいていく。正面からあなたのことが嫌いと伝える者、自分のことが可愛い者、あくまでも第三者な者、、、
一見淡々と進む物語だが、扱ってるテーマは重い。それぞれのやり方を通して自分はどうするか考えさせられる。
そして花火大会の日に事件が。。。

24時間テレビの裏にぶつけるEテレ、いいぞー!w
posted by 映画のせかいマスター at 08:31| Comment(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月01日

猫の恩返し #2588

2002年 日本 75分 スタジオジブリ

Wikiより
スタジオジブリの作品『耳をすませば』の主人公である月島雫が書いた物語という位置付けのスピンオフ。猫の男爵バロンとムーンが2作に共通して登場する。宮崎駿のリクエストをうけて柊あおいが描き下ろしたコミック『バロン 猫の男爵』を原作とする。

『耳をすませば』の直接の続編ではないが「月島雫が書いた物語」という位置づけであるため、実質的には続編に近く「続編は作らない」という方針を採るジブリが試みた唯一の続編相当作品である。

だそうで、実は耳をすませばを見てないんだけど^^;

政策の問題で他のジブリ作品とはちょっと違った作風だったり、裏事情もいろいろありそうだけど、猫の世界に入り込んでしまって、迷路とか空飛んだりとかファンタジーな映画で楽しかった
posted by 映画のせかいマスター at 08:26| Comment(0) | な行映画(8)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月28日

愛と誠 #2587

1974年 日本 89分

西城秀樹追悼としてBSで放送された。実はヒットしたので3作目まであるらしいけど、ヒデキが出てるのは1作めだけ。ずいぶんとダーティーヒーローで、めちゃくちゃずるいことばっかやってる。現代に見たら卑怯すぎてイメージダウンなんだですけどw
ヒロインの早乙女愛は役名と芸名が同じでオーディションで選ばれた。TV放送の際、映画のお知らせCMも一緒に公開されたが、昔の雰囲気でいい感じ〜

しかしラストは河川敷で大人数で喧嘩して、みんな倒れてるっていうスゴイ絵!ありえんでしょ(笑)

原作漫画は少年マガジンに掲載されてた頃ギリギリ見てたような??ものすごい暴力マンガみたいな印象だったけど、ただのB級ストーリー、時代が変わればこんなもんか。いやでもいい時代だったなあ
posted by 映画のせかいマスター at 13:52| Comment(0) | あ行の映画(43)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

陰の季節(横山秀夫ドラマ2016)#2586

2016年 TBS 全2回

64の公開に合わせて2週連続で放送されたドラマの1作め。64に出てる仲村トオルと滝藤賢一が同じ役で出てるのが味噌。似顔絵で犯人逮捕につながった婦警が実は書き換えていたことを気に留め出勤しなくなった話と伊武雅刀の家族の話を絡ませて続いていく。
2話しかないので全体の流れ的には前のシリーズのつながりのほうが面白いが、繰り返しドラマ化される原作に昇華したのね
posted by 映画のせかいマスター at 13:46| Comment(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月24日

銀魂 #2585

2017年 日本 131分

 ジャンプの人気漫画で今年続編が上映されている。74巻まであってもうすぐ終わるらしいけど、全然知らなかった^^;
若者文化もたまにはよい。漫画は読んでないけど、映画はハチャメチャで、けっこうこういうウケ狙い的なやつ、流行ってるのかな。曲者俳優勢揃い、イケメン俳優美女女優も癖のある役バッカリ。橋本環奈ちゃん、いいのか(笑)
 明治維新のキャラに宇宙人かぶせて善と悪の区別もつかないままに見てたけど、時々スマッシュ撃たれるギャグにわろてもーた
posted by 映画のせかいマスター at 09:49| Comment(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする