2005年04月19日

キッド #301

1920年 アメリカ 50分 チャップリン映画

チャップリンが街をぶらぶらしていると家の2階からゴミが次々に落ちてくる。靴の裏でマッチに火をつけてタバコを吸う。そこには赤ん坊が・・・!捨て子を拾うことになったチャップリン。知らん顔して通りすがりのおいちゃんに押し付けようとするが失敗、男手一つで育てることに。天井からぶら下げたポットからミルクを飲ませ、子育て奮闘の末、5歳になった。子どもが石を投げてガラスを割って、偶然を装って通りかかった新しいガラスを背負ったチャップリンが修理するというインチキ商売をこなしていくまでに成長した。8mmフィルムの走りがコミカルで子役の面白さはチャップリンをしのぐ。まるで本当の親子のような愛情が芽生えたとき、本当の母親はスターになっていた。両者が交わったとき、悲しい別れが待ち受けていた。

チャップリンとキッドのジョンの生活は笑いと温かさに溢れている。布団に開いた穴から頭を出していつの間にか服になってる。パンケーキはちゃんと半分ずつにする。喧嘩のシーンではキッドが大男の弟をノックアウト、復讐を恐れたチャップリンは泣いてる相手の手を挙げる。結局2人はバトルになっちゃって、か弱そうなチャップリンが大男をノックアウト!サイレント映画だけど言葉がなくてもすべて伝わってくるようだ。ハッピーエンドで終わるのもいい。

チャップリン初めての長編作品。50分だけど、撮影したフィルムはその10倍とも言われ、チャップリンの夢の中のシーンは難解で評価が分かれたそうだ。羽根が生えて空を飛ぶ、それだけと言えばそれだけだが。。。さて真意は?

キッド・コレクターズ・エディション【GNBF-7011】 =>20%OFF!《発売日:04/01/23》
posted by 映画のせかいマスター at 06:47| Comment(11) | TrackBack(5) | チャップリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする