2005年04月20日

モダン・タイムス #302

1936年 アメリカ 83分 チャップリン映画

機械工場で流れ作業をする工夫チャップリン。いつの間にかネジを締める動作が止まらなくなって、同僚の鼻を締めてったり、ベルトコンベアに挟まって歯車の間を行ったり来たり、開始早々からぶっ飛ばして笑えます。顔を固定してて順番に口の中に食べ物を運んでくれる自動食事機、次のお皿に行く前にお口を拭いてくれたりするんだけど、実験台となったチャップリン、だんだん故障が見つかって・・・。という所なんて子どもから大人まで誰もが笑えるシーン。

物語の展開もスピーディで、工場で手が止まらなくなって入院、退院後落ちた旗を拾ってたら共産主義のパレードに巻き込まれ、リーダーと誤解されて刑務所へ。隣の男が持ち込んだ覚せい剤を食べちゃってへろってる所に脱獄を見つけて無事釈放。でも刑務所の方が居心地が良くてわざと無銭飲食で逮捕される。護送車の中で出会った貧乏な娘と意気投合して真面目に働こうと決意。デパートの警備員に。そこで工場の時の同僚と再会。そして最後は歌謡ショーで拍手喝采。というあっという間の80分だった。

当時はまだなかった機械のオートメーションのセットなど、工場のシーンが有名だけど、不況下で失業者が溢れたり、貧しさゆえ泥棒を繰り返すが不幸のスパイラルから抜け出せない娘など、時代を風刺したストーリーである。機械化する人間社会の中で自分なりの幸せを追求する後ろ姿はハッピーエンドでありながら何かを感じさせる。

劇中、チャップリン映画では始めて会話する登場人物が出てくるが、相変わらずチャップリンは喋らない。ただし歌のシーンでは、カンペを飛ばしちゃって即興で「ティティナ」を歌う歌声も聴ける。この歌も良かった。初めて映画の中で発した声が歌声というのもいいですね。

モダン・タイムス コレクターズ・エディション-DVD-〔送料無料キャンペーン中〕
posted by 映画のせかいマスター at 05:56| Comment(8) | TrackBack(8) | チャップリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする