2005年04月23日

街の灯 #305

1931年 アメリカ 82分 チャップリン映画

これも面白かった。
チャップリン映画の中ではやっぱり手放しで笑える作品が好きだ。この映画のギャグはその後75年経った今でもギャグの基本として残っている。銅像の開帳式に敷布を取ると、チャップリンがもたれかかって寝てたり、銅像の剣が刺さったり。パーティーでタバコの火を点けようとして、隣の人のタバコにしか点かなかったり。盲目の女性に手術を受けさせるためにお金を稼ごうとしたボクシングの試合では、ヒット&ハイド(これまたでっかいレフリーが!)やヒット&クリンチでしのぐ。金持ちの男は四六時中ラリってるし、ワインをズボンにこぼしてる所、可笑しかったー。

で、次々に笑える場面を繰り広げながら、テンポ良く話は進んで、花売りの少女はめでたく手術に成功。街角でいつもの新聞配りの二人の少年とじゃれあってるチャップリンに遭遇。ラストもホッとする。

チャップリン映画の凄いところは、本当に伝えたいことを前面に出さずに、まずは誰にでもわかるギャグで間口を広げ、次のステップに上がりやすい状況を作った上で、気付いたら深いところを魅せているということ。このさりげなさと奥深さはなかなかできることではない。

街の灯 コレクターズ・エディション ◆20%OFF!<DVD> [GNBF-7015]
posted by 映画のせかいマスター at 06:24| Comment(9) | TrackBack(7) | チャップリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする