2005年04月24日

チャップリンの殺人狂時代 #306

1947年 アメリカ 119分
Monsieur Verdoux チャップリン映画

これまでのチャップリンは気弱そうで大男に狙われると一目散、(たまに反撃すると意外と強かったりするのだが)ちょっとずる賢いけど女に優しく、善人のイメージだった。ここでも地面の虫を踏まれるよとつまみ上げ手逃がしてあげる優しいおじさんとして登場するが・・・。

コミカルな動きは少なくなったものの、(お金を数える手のすばやい動きやピアノの早弾きなどは健在!)基本的にキャラクターに変わりは無い。しかし金持ちの未亡人を渡り歩き金を盗んでは株に投資し、自転車操業で次の女に接近しては殺害、を繰り返すチャップリンの無表情な顔は、確かに怖い。連行される刑事を眠らせ逃げていくところはもちろん、「ソノ最中」を映さずに、ドアと窓の向こうの景色だけで「ソレ」を表すところもなんか怖い。

この映画、めっちゃ現代劇だ。トムクルーズ主演でも全然おかしくない。「独裁者」と並べて述べられることが多いようだが、戦争が終わっても戦争を批判する痛烈な映画である。ただし、殺人罪で捕まって、「戦争で大量殺人は英雄、一人殺したら重罪とはどういうことだ」と開き直るのはちょっとどうかなあと思うが。もちろん戦後50年以上経った現在とは感じ方も違うだろうが。
それでもやっぱりラストシーンの死刑台に向かう後ろ姿は強烈なインパクトを残した。

殺人狂時代 コレクターズ・エディション【GNBF-7018】 =>20%OFF!《発売日:04/03/21》
posted by 映画のせかいマスター at 11:31| Comment(4) | TrackBack(1) | チャップリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする