2005年05月07日

ミニミニ大作戦 #323

2003年 アメリカ 110分

1969年の同名作品をリメイク。金庫破りのジョン率いるプロの犯罪集団は、金塊の強奪に成功!祝杯をあげたあと、仲間のスティーヴが裏切り、チャーリー(マーク・ウォールバーグ)らの車を凍った湖に落とし去っていった。車に忍ばせた酸素ポンプで一命を取り留めたが、ジョンは浮かばれぬ命となってしまう。
そして1年後、ジョンの娘・ステラ(シャーリズ・セロン)はハイテク金庫破りに成長し、生き延びて復讐の時を待つチャーリーたちと合流する。ターゲットはもちろんスティーヴ。ステラは彼に近づく・・。

復讐モノっておもしろい!特にこの映画みたいにオシャレな感じだと、復讐の持つダークなイメージが薄れて、観る方も自分のダークサイドを隠蔽できるのかも。きっと誰もが心のどこかに復讐したいことっていうのが多かれ少なかれあって、実際にはやらないけれど、スカッと復讐できたらいいなと思っているに違いない。そういう意味では悪役はやっぱり憎らしいとね。本作のスティーヴもなかなかの小狡さだ。恨みを持つものが集結して、あっと驚く方法で金塊の奪回に成功する。

オープニングのベニスでのモーターボートでの水路の逃走、ラストのロスでの地下鉄へのミニクーパーの突入、ヘリの追跡など、ちょっと変わったアクションシーンが面白い。シャーリズ・セロンは涼しげな表情で、この映画のヒロインにぴったり!他の映画も観てみたい。特に「モンスター」?!?

ロスで交通渋滞の間にスパーダーマンがチラリと映った。
69年の最初の映画と変わってないのは車業界の中のミニのスタンスではなかろうか。

posted by 映画のせかいマスター at 05:03| Comment(8) | TrackBack(11) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする