2005年05月30日

七人の侍 #345

1954年 日本 207分

日本映画最強の呼び声も高い不朽の名作。七人という設定はその後もいろんな作品で使われたが、この映画の七人は出演時間も見所も均一ではないが、キャラクターが際立っていてとっても素敵な仲間たちである。

まずはリーダーの勘兵衛(志村喬)、策士であり、みなの統制をきっちり取るが、状況を見て笑わせて和ませることも忘れない理想的なリーダー像である。そして志村と共に黒澤映画といえば、の三船敏郎。百姓あがりの侍で、名前は忘れてしまったらしいが、どこからか拾ってきた家系図から菊千代と命名される。野生児で野を駆け回る姿は他の侍たちから笑われるが、その行動力は随一。やや先走ってしまうところもある。五郎兵衛(稲葉義男)はチームのナンバー2、参謀として安定した実力を発揮する。あまり印象に残らなかったが、再度見直す際は注目して見てみよう。そして七郎次(加東大介)、風貌もユーモアたっぷりで、農民の中に入ってまとめ役となる。「話をしよう」と持ちかけたり、家族に会いに行くよう命じたり、勘兵衛と付き合いの長い信頼の置ける人物。平八(千秋実)は「マル6つに三角一つ+た」の旗を作って士気を高めるムードメーカー。久蔵(宮口精二)、これがまた渋い!無口だが剣の達人、こっそり勝四郎をバックアップしたり、仕事きっちり。一人はいて欲しい存在。最後は勝四郎(木村功)少年の役だけど、当時30を超えてて二児の父だったというから驚き。百章の娘志乃(津島恵子)との恋のエピソードで物語を裏からも引っ張る。

そんな七人が集まってくる前半は・・実はあまりよくわからなかった。音声が悪いのと百姓と侍の関係を理解していなかったからだ。凄く面白いと聞いて、もっと(ハリウッド的に)物凄い集まり方をするのかと勝手に想像してたせいもある。が、全編を通じてこの映画から感じられるのはリアリティ!ストーリーもセットも小道具もすべてリアルさを追及してて、私が想像するような始まり方じゃなかったが、後で考えたらなかなかリアルな立ち上がりだったと思う。

で、私が乗ってきたのは後半から。七人の侍VS野武士の戦いにおける侍の戦略、戦術がズバ抜けた面白さだ。村の地図を書き、敵だったらどこから攻めるかを考えた末、侵入経路を限定し、一人ずつ村に入れて縦横無尽にするという、文章で書いたら2,3行だけど、敵を一人仕留めると地図に書き入れたマルを一つ消していく、という作戦遂行のプロセスが実に見てて楽しいのである。

ラストの豪雨の決戦も凄かった。これがまた大迫力でリアル!全速力の馬から落ちるシーンは心配になってしまう。
「本当に勝ったのは・・・」と侍たちの墓の前でつぶやくラストも感慨深い。いろいろ撮影裏話に枚挙にいとまがないので、後日また見たい映画である。
posted by 映画のせかいマスター at 06:14| Comment(11) | TrackBack(5) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする