2005年06月07日

純愛中毒 #353

2002年 韓国 114分

家具の設計士であるホジンは結婚3年目の妻ウンス(イ・ミヨン)と熱愛の日々が続いていた。ホジンの弟テジン(イ・ビョンホン)とも同居し、幸せな3人の同居生活が続いていたが・・・。

カーレーサーのテジンはレース中に事故、奇しくも同時間にレース観戦に行っていた兄もタクシーで事故に遭遇してしまう。兄は意識不明のまま、弟は1年後に目を覚ますが、弟の口から出たのは、・・なんと兄の言葉だった。兄が弟に乗り移ったのか半信半疑のウンスも、テジンが二人しか知らない話を始めるにつれホジンの存在を信じるようになっていく。

タイトル通り(原題は「中毒」)純愛の映画であり、そして実はサスペンスでもある。ラスト15分のどんでん返しは、驚愕の展開なんだけど、純愛サスペンスという異色のジャンルで韓国映画の特異性が浮き出されている。

純愛中毒
posted by 映画のせかいマスター at 05:11| Comment(0) | TrackBack(1) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする