2005年07月25日

恐竜100万年 #395

1966年 イギリス アメリカ 92分

人類と恐竜がもし一緒の時代で暮らしていたら・・・。
狩猟民族である人類は、言葉も使わず、道具もかなりしょぼいのだが、動物を穴に落として焼いて食べるという手法で生き延びている。岩がゴロゴロ、あそこでは農作物は育つまい、食生活が心配・・と余計なことばかり考えてしまうが、それだけ想像力をカキタテルいろんなものが詰まった作品である。民族を追い出された主人公が周辺を歩くと、出てくる出てくる恐竜たち。それまでどこにいたんだか。この恐竜、スケールは実際とは異なると思うが、槍で戦う場面では人間よりもちょっと大きめ、空に舞ったり遠くから映し出すときはやや大きめに写されていて、実に見やすい。大きすぎず小さすぎず、人間との対比が丁度良い。

それから特筆すべきは恐竜たちの動き。トラックバックさせていただいた「かたすみの映画小屋」さんや「活動映像の街」さんによると、レイ・ハリーハウゼンさんの仕業らしい。チョコエッグのおまけを髣髴させる恐竜たちはどこか可愛らしく、素晴らしい動きをする。数年前のカップヌードルのCMで原始人と恐竜がラーメンを奪い合う作品があったのを思い出した。ああ、結局映画のことよりも余談ばかりになってしまった。
posted by 映画のせかいマスター at 06:09| Comment(1) | TrackBack(3) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする