2005年08月09日

13日の金曜日 #408

1980年 アメリカ 95分

「ハロウィン」で謎の殺人鬼が登場、その流れは本シリーズのジェイソン、「エルム街」のフレディと受け継がれていくが、13日の金曜日第1作は、無差別殺人は起こるが以降のジェイソンとはちょっと違ったサスペンス作りになっている。1958年のクリスタル湖で起きた殺人事件が未決のままとなり、以来キャンプ場は閉鎖された。この地を再びキャンプ場として復活させようと若者グループが訪れるが、それが惨劇の再開でもあった。

ホラーにありがちなカップルのランチキ騒ぎ、一人また一人と殺されていき、主演の女の子が反撃する・・というパターンも踏襲しているが、中盤の残虐な殺し方をしたのは、J?それとも?

衝撃のラストシーン(わかっていても怖い)、結末も含めて、謎も残した作品である。ラストのインパクトだけを作りたかったのか、サスペンスにしたかったのか今となっては製作者の意図は闇の中だが(この後さんざん遊ばれるシリーズでしたから(笑))、新たな殺人鬼を生み出した(この時点では生み出したかどうかは・・であるものの)という点では歴史に残る映画である。

「フットルース」でブレイクする前のケビンベーコンが若者の一人として出てる。

13日の金曜日 特別編

明日はホラーつながりで「箪笥」です。
posted by 映画のせかいマスター at 05:34| Comment(4) | TrackBack(4) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする