2005年09月10日

男はつらいよ 純情篇(男はつらいよ6)#435

1971年 日本 90分

列車の中で向かいの赤ちゃんにベロベロバーしてる寅さんから始まる。赤ちゃんは満男のイメージと、その後会う母子(若き日のマルサの女の宮本信子。かわいー)を連想させている。

TV番組「ふるさとの川・江戸川編」でとらやが紹介される。おいちゃんは江戸時代から続く6代目らしい。若者は団子なんて食べなくなったと嘆いてる。それを九州に向かう途中で白黒TVで見る寅次郎。故郷への思いを募らせる。出会った赤ちゃん連れの女性からは宿泊費用を相談され、宿ではお礼にと服を脱ぎ出す。駆け落ち同然で故郷を離れたが、夫とうまくいかず戻ってくる可愛そうな女性を諭し床に着く寅さん、渋いねー。一緒に長崎五島の実家を訪ねるのだが、父親の森繁久弥は毅然とした態度で夫のところに戻れ、と言う。この言葉に感銘を受けた寅次郎は、帰るところがあるからいけないんだ、もう故郷には戻らない、と決意を新たにするが、家族の顔が忘れられず最終フェリーに乗り込んでいく。このフルサトへの想いがラストシーンへと繋がってる。

そして葛飾柴又。2階の寅の部屋にはこれまた夫の元を離れたおばちゃんの遠縁の夕子(若尾文子)が間借りしていた。うちの親戚にも美人がいるんだよとタコ社長と話しているところ、対極の男が戻ってくる。男は2階で休もうとするが、どうも様子がおかしいことに気付き、険悪になって出て行こうとするが、その時、2階から降りてきた美女に胸をときめかせる・・といういつものパターン。

丁度その時、博は独立の計画を練っていた。話を聞いたタコ社長は焦って寅に相談。博も社長との間に寅さんが入るよう相談するがこれが裏目にでて、すっかり話をぶち壊してしまう。結局資金が足りず独立は断念して一件落着となるが、「成功してもせいぜいタコ止まり」という寅さんに笑ってしまった。

さて、マドンナの夕子さんは無事旦那が戻ってきてジ・エンドになるが、寅がいなくなったあとのとらやには幸せそうな家族が来訪。そう、復縁した宮本信子一家である。森繁久弥宛てには寅からの年賀状が届き、なんとかハッピーエンドというわけだ。

今回の笑いどころ
・河原で夕子さんと歩く寅。無造作に落ちてる靴を投げるが、草叢のカップルに直撃。こういう細かい芸が行き届いていますね。
・御前様にご飯で釣られて?寺で働く源吉。ラストはいつの間にか寅の巡業の旅に付いて来てる。相変わらず謎の男です。
・次期おいちゃん役の松村達雄さんがお医者さん役で出演。夕子さん目当てにとらやに往診するが、患者が寅だと知るとそっぽ向いて帰ってしまう。夕子さんが自分に思いを寄せる男(寅次郎)に弯曲的に断りを入れようとしたところ、寅が夕子さんに付きまとっていると勘違いしたのはこの医者。診療室に諦めるよう告げに行く。そこには咥えタバコでオカマの診療をする姿が。さすがにこんな医者いねーよ、と思うが、堂々とした「やぶ医者」像である。
今回の泣き所
・もちろん柴又駅での列車のお別れシーン。さくらに「故郷とは・・」と言いかけて、ドアが閉まる。故郷とは何なのか?答えは見ている人が探すしかない。

寅さんトリビア
タコ社長梅太郎の家を訪れるシーンで珍しくタコ社長の家族が。せまいアパートに奥さんと4人の子どもが登場!そのうちの一人、長女は十数年後に美保純となって登場するわけです。



posted by 映画のせかいマスター at 06:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 男はつらいよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月09日

28DAYS #434

2000年 アメリカ 104分

サンドラ・ブロック主演。アルコール中毒や薬物依存などの患者が集うリハビリセンターで酒漬けの彼女が28日間を過ごすうちに、自分や他人と向き合っていくというお話。

真面目な話なんだけど、サンドラ・ブロックのいつものお色気、コメディふうに始まるので、視点がずれちゃった。彼女の出演作の中では地味な方だけど、逆に抑えたほうが輝いて見えますね。
好みは分かれるだろうけど。

しかし、映画の中身を語ってないですねー^^;失礼

サンドラ・ブロックの映画

posted by 映画のせかいマスター at 07:14| Comment(2) | TrackBack(1) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月08日

ポルターガイスト #433

1982年 アメリカ 115分

当時心霊現象・オカルト流行してました。なかでも「ポルターガイスト現象」と呼ばれた家の中のものが勝手に動く現象は、唯一落ち着ける場所であるはずの自分の家が恐怖の対象になってしまうという、非常に怖いものだった。そして満を持してスピルバーグ製作で公開されたこの映画、A級ホラーとして高い評価を受けている。


・・・


が、今見てみるとベタベタ、ドタバタなホラーである。あまりに豪快すぎて笑ってしまう場面も多々ある。時代の流れって怖いですねー。どんどんエスカレートしてきて恐怖をも笑いに変えてしまうんだから。木が伸びてきて子どもを攫っていくなんて、ありえないし、少女がTVの中に吸い込まれていくっていうのもどうかなあ。当時としては実際に起こりかねない、と思えていたし、実話を元にしているという噂も未だある。撮影後に出演者が次々に謎の死を遂げたということもあって、不気味さは増している。

いずれにしても公開直後と現在では受け取り方が変わってしまっているのは、この映画にとっては残念かもしれない。でも、いつ再注目されてもおかしくない秀作。

posted by 映画のせかいマスター at 06:12| Comment(4) | TrackBack(2) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月07日

ナッティ・プロフェッサー2 クランプ家の面々 #432

2000年 アメリカ 107分

1作目から4年後に作られた続編。クランプ教授のもう一つの人格であるバディがついに独立して出現!バディを消すための薬を開発し、飲むクランプ教授だったが・・・。

いつものエディマーフィー(バディ)が長く出演。見てる側にはこっちの方がなんだかすっきりする。太ったエディは見ててイライラ、やっぱりバディの方が小気味良い。

今回は相手役のヒロインでジャネット・ジャクソンが登場。キャラクターは前回のヒロインとほぼ同じ。必死で口説こうとするクランプの口からはバディのものと思われる下品な台詞が出てきて嫌われてしまう。バディを消さねば、と自分の遺伝子を改造するための薬を開発する。

他にもタイトルにあるようクランプ家の食事シーンに代表される家族の出番が増えた・・、が、どれもお下品。シモに走りすぎ??バディが液体成分となってターミネーター2ばりに遊ばれるところが一番個人的には良かった。が、このシリーズはもう腹いっぱい!?

posted by 映画のせかいマスター at 05:49| Comment(0) | TrackBack(0) | な行映画(8)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月06日

ナッティ・プロフェッサー クランプ教授の場合 #431

1996年 アメリカ 96分

人気が最も低迷してた頃の作品だからと言うわけかどうかわからないけど、ハチャメチャにやってくれました。エディ・マーフィーが特殊メイクしてデブになって、ついでに家族全員を自分で演じてる、っていう設定だけ見たらカナリ色物。なにもそこまでやらなくても・・と思うのだが、ちゃんとメイクなしの本人も出てきます。

痩せ薬を開発中の大学教授クランプ。その巨体で悪気はなくとも迷惑をかけまくっているが、根は気弱な善人である。しかし完成した痩せ薬を飲んだら、男性ホルモンが急上昇!見た目も性格も全く別人に変わってしまった・・!

人格が変わって積極的になった方(バディ)が、いつものエディ・マーフィー!例のマシンガントークを期待して見てる方にはやっとこ溜飲が下がる思い。イケイケどんどんで、女を口説く。

この話の本当に面白いのはここからで、この2つの人格が争い始める。バディはクランプが薬を飲まないと登場できないわけで、クランプを挑発するようなビデオを撮っておいたり、挙句の果てには薬をすり替えたりしてる。クランプもここで負けると男が廃るとばかりに発奮!ラストのステージ上での同じ人の2つの人格の戦いは爆笑なので必見です。

posted by 映画のせかいマスター at 06:57| Comment(0) | TrackBack(0) | な行映画(8)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月05日

オリエント急行殺人事件 #430

1974年 イギリス 128分

原作はご存知アガサクリスティのポアロシリーズ。謎解きは有名なんだけど、ここには書かないでおこう。アンソニー・パーキンス、マイケル・ヨーク、ローレン・バコール、イングリッド・バーグマン、ショーン・コネリーと豪華キャストなんだけど、ポアロ役のアルバート・フィニーだけは、なんか私のポアロのイメージと違ってた。この人今は70歳。オーシャンズ12や エリン・ブロコビッチ、トラフィックなど、スティーヴン・ソダーバーグ監督作品に出続けている。でも私の中のポアロ像はもっとスマート、そう、ショーン・コネリーでいいじゃない、って感じなんだけれど・・・。が、どうやらそう思っているのは私だけだったようで、かなり評判が良い。・・仕方が無い、もう一度アルバート・フィニーを思い浮かべながらアガサ作品でも読んでみることにしよう。



アガサクリスティシリーズ
ナイル殺人事件
クリスタル殺人事件
地中海殺人事件
ドーバー海峡殺人事件
死海殺人事件


posted by 映画のせかいマスター at 07:22| Comment(2) | TrackBack(1) | あ行の映画(43)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月04日

メテオ #429

1979年 アメリカ 107分

「アルマゲドン」や「ディープ・インパクト」の源流とも言える地球に隕石が近づくパニックSF。流石に地球の軌道を変えようという荒唐無稽なアイデアで難を逃れるのは妖星ゴラス #282くらいのものか。と、無理やり東宝SFシリーズにつなげたが、同シリーズの世界大戦争 #281になんか似ている!!世界の名所ばかりに落ちる隕石、逃げ惑う大勢の人々。ラストこそ救われるものの、同じ匂いを感じる。米ソの核爆弾の攻防はなんかわかりにくかった。

NYの世界貿易センターであるツインタワーに隕石が落ちるシーンがあったが、当時はまさか現実になるとは思いも寄らなかっただろう。

主演はショーン・コネリー。まだ髪の毛は健在だが、アクションシーンは少なく、楽だったのでは?
posted by 映画のせかいマスター at 05:57| Comment(0) | TrackBack(1) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月03日

チャイルド・プレイ #428

1988年 アメリカ 88分

その後2004年までに5作目まで続編が作られた大ヒットホラー。人形に魂が宿る、というのは、日本でも髪の毛の伸びる人形が実在したり、と何かと想像力をかきたてられる設定である。何を隠そう公開当時、確かレンタルビデオで見た10数年前の私は、この設定でホラー小説を書いた記憶がある。もう残っていないのでどんなつまらない話を書いたのか、今では不明であるが、それほどインパクトの強い映画だったんだろう。

刑事に追われた殺人犯がおもちゃ屋に逃げ込み、売れ筋商品である喋る人形“グッドガイ”に後を託し死亡する。子どもの誕生日にグッドガイ人形をお金が足りずに買えなかった母親は裏道の怪しい商人から格安で購入する。

後日その家で母親の親友が窓から落ちて死亡、現場には小さな足跡が・・・。チャッキーという名の付いた人形は喋りだし、動き出す。

と、サスペンス色の強い前半に比べ、後半は人形版「ターミネーター」。銃で撃っても燃やして黒焦げになっても何度も甦ってくる。ここまで極端にやってしまったのが、シリーズの成功に結びついてるんじゃない?っていうくらいこれでもか、という攻防だ。

人形が動き出す話し出す。という設定、ホラー映画にしよう、ということだったら、あなたはどんなシナリオを書くだろうか?

posted by 映画のせかいマスター at 06:52| Comment(2) | TrackBack(2) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月02日

トム・ハンクス

インフェルノ (2016) 出演
ハドソン川の奇跡 (2016) 出演
ブリッジ・オブ・スパイ #2409
(2015) 出演
パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間 (2013) 製作  
ウォルト・ディズニーの約束 (2013) 出演
キャプテン・フィリップス (2013) 出演
クラウド アトラス (2012)
レックスはお風呂の王様 (2012)
メリエスの素晴らしき映画魔術 (2011)
幸せの教室 #1866 (2011)
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い #1927 (2011)
トイ・ストーリー3 (2010)
マイ・ビッグ・ファット・ドリーム (2009)<未> 製作総指揮
かいじゅうたちのいるところ (2009) 製作
天使と悪魔 (2009)
エンバー 失われた光の物語 (2008)
ザッツ★マジックアワー ダメ男ハワードのステキな人生 (2008)
マンマ・ミーア! (2008)
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (2007)
ザ・シンプソンズ MOVIE (2007)
誰が電気自動車を殺したか? (2006)
アントブリー (2006)
ダ・ヴィンチ・コード #951(2006)
レディ・キラーズ #427(2004)
ポーラーエクスプレス #639(2004)
トラブル IN ベガス (2004)
ターミナル #527(2004)
connie & carla コニー&カーラ #574(2004) 製作
ロード・トゥ・パーディション #91 (2002)
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002)
マイ・ビッグ・ファット・ウェディング(2002) 製作
キャスト・アウェイ#1855(2000)
トイ・ストーリー2(1999)
グリーンマイル #373(1999)
プライベート・ライアン #1120(1998)
ユー・ガット・メール #456(1998)
すべてをあなたに #440(1996)
アポロ13(1995)
トイ・ストーリー(1995)  Anime
セルロイド・クローゼット(1995)
フォレスト・ガンプ/一期一会(1994)
フィラデルフィア #809(1993)
めぐり逢えたら(1993)
プリティ・リーグ(1992)
ラジオ・フライヤー(1992)
虚栄のかがり火(1990)
ジョー、満月の島へ行く<未>(1990)
ターナー&フーチ/すてきな相棒(1989)
メイフィールドの怪人たち#451(1989)
パンチライン#426(1988)
ビッグ #260(1988)
ドラグネット・正義一直線(1987)
恋のじゃま者(1986)
さよならは言わないで(1986)
マネーピット #559(1986)
赤い靴をはいた男の子<未>(1985)
ピース・フォース<未>(1985)
スプラッシュ #1055(1984)
独身SaYoNaRa!バチェラー・パーティ(1984)
トム・ハンクスの 大迷宮<未>(1982)
血ぬられた花嫁<未>(1980)
posted by 映画のせかいマスター at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 出演者別リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月01日

レディ・キラーズ #427

2004年 アメリカ 104分

55年作品「マダムと泥棒」をジョエル&イーサン・コーエン兄弟がリメイク。主演はトム・ハンクス・・なんだけど、一瞬「誰?」と思うヒゲ面。口八丁手八丁の詐欺師役。とある家と金庫の距離に目をつけた彼は老婆に地下でバンドの練習をすると偽ってトンネルを掘る。マイペースの老婆に翻弄しつつもついに計画達成!・・が、すべてばれてしまい、ついには老婆の殺害を計画する・・・。

大きく盛り上がるわけではないが、決して外さない一本。ブラックジョークでニヤッと笑いたい方へオススメです。トム・ハンクスは「ビッグ」や「パンチライン」の時より抑えた演技で、表情がわかりにくいけど、それだけ存在感で演じているようになったということだろうか。

ここからネタバレ


改行


どちらかと言えば、作戦に成功した後が急展開だったので、もっと早い段階で老婆の始末を練り始めた方が面白かったかも。ネコちゃんももっと出番があれば・・・。
posted by 映画のせかいマスター at 06:54| Comment(1) | TrackBack(1) | ら行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする