2005年09月07日

ナッティ・プロフェッサー2 クランプ家の面々 #432

2000年 アメリカ 107分

1作目から4年後に作られた続編。クランプ教授のもう一つの人格であるバディがついに独立して出現!バディを消すための薬を開発し、飲むクランプ教授だったが・・・。

いつものエディマーフィー(バディ)が長く出演。見てる側にはこっちの方がなんだかすっきりする。太ったエディは見ててイライラ、やっぱりバディの方が小気味良い。

今回は相手役のヒロインでジャネット・ジャクソンが登場。キャラクターは前回のヒロインとほぼ同じ。必死で口説こうとするクランプの口からはバディのものと思われる下品な台詞が出てきて嫌われてしまう。バディを消さねば、と自分の遺伝子を改造するための薬を開発する。

他にもタイトルにあるようクランプ家の食事シーンに代表される家族の出番が増えた・・、が、どれもお下品。シモに走りすぎ??バディが液体成分となってターミネーター2ばりに遊ばれるところが一番個人的には良かった。が、このシリーズはもう腹いっぱい!?

posted by 映画のせかいマスター at 05:49| Comment(0) | TrackBack(0) | な行映画(8)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする