2005年10月29日

イン・ザ・カット #460

2003年 アメリカ 119分

メグライアン映画は「めぐりあえたら」「ユーガットメール」と見てきたあとでこれを見るとやっぱり衝撃的。暗〜い雰囲気で、冒頭からエッチなスラング爆発。オールヌードのベッドシーンもあって、これまでとは全く違った印象。

で、メグライアンの役は両親の不信感から過去に傷を持ち、心を閉ざして詩や言葉を集めるのに熱中している大学講師。ある日たまたま猟奇殺人の犯人らしき人物の手のタトゥーを目撃したことから刑事が寄ってくる。この刑事の腕にそのタトゥーがあったことから、刑事が犯人ではないかと疑心暗鬼に陥る中、彼との性愛に堕ちていってしまう。

ま、メグライアンじゃなくっても・・と言ってしまえばそれまでなんだけど、アメリカ映画ってこういう暗い雰囲気のサスペンス好きですよね。ニコラスケイジの8mmとか、サンドラ・ブロックの完全犯罪クラブ #257とか。ある意味こういうサスペンスものができてナンボ、というステータスなのかもしれない。

この雰囲気は嫌いじゃないんだけど、提起されている「女性の問題」にはあまり気付かなかったのは野暮な男の証明でしょうか?!

しれっとケビン・ベーコンも出てた。友情出演?なんでまたちょい役に??

posted by 映画のせかいマスター at 08:36| Comment(2) | TrackBack(3) | あ行の映画(43)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする