2006年01月03日

木村家の人びと #477

1988年 日本 113分

朝起きたら夫は新聞配達、妻はエロエロモーニングコール、新聞は近所の老人たちに配らせ、一家は手作り弁当の仕込みに入る。弁当を配った後、近所の人を会社まで相乗りし、会社でもやるのは弁当配りと人事異動当てクイズ!子どもにも食費を入れさせ、夜もアレの回数で夫婦間で小銭をやり取り。子どもも子どもで子ども会の廃品回収で大儲け。

妻の姉夫婦と隣の高倉家だけがまともで、金よりも人間らしい生活を、と説くが当然木村家は聞く耳を持たない。そんな木村パパ(鹿賀丈史)が人間とふれあいだんだんとお金よりも人間らしさを取り戻していく話・・・かと思えたが・・・。

徹底したブラックユーモアは評価に値するが、多少行き過ぎの面もある。ところがところが、15年以上が過ぎ、子役の岩崎ひろみもベテラン女優になった。そして世の中はこの映画のような世の中に本当になってしまった。昨今のネットオークション熱とこの映画がかぶって見えてしまうのは私だけではないだろう。


posted by 映画のせかいマスター at 12:16| Comment(4) | TrackBack(1) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする