2006年02月27日

姿三四郎 #500

1943年 日本 97分

黒澤明の記念すべき監督デビュー作。1943年の作品ということもあってか、作品の一部は戦争のどさくさで紛失してしまったらしい、しかも監督も知らないところで・・ということを冒頭のテロップで知らされる。流石に映像の随所に明暗があったりはするのだが、黒澤映画の「きれいな白黒画面」も所々健在。ややストーリーは荒唐無稽な部分も無きにしも非ずだが、そんなもんだろう。どうやらカットされた部分に三四郎の人情的な色恋などが含まれていたようだ。

主演の藤田進は、その後の黒澤映画にも数多く出演、「隠し砦の三悪人」では三船敏郎と武術で対決している名シーンがある。他には「モスラ対ゴジラ」や「網走番外地」シリーズ、「ウルトラマン」!にも出演。「探偵物語」にも出てたみたい。

志村喬も三四郎の対戦相手として登場。わーこの頃からめっちゃ悪人顔〜!当時38歳くらいだけど、全然変わらない〜!ブッ飛ばされ方が良かったです。

同じ話を岡本喜八監督も映画化しているのでそっちも気になるところ。

posted by 映画のせかいマスター at 20:28| Comment(10) | TrackBack(2) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする