2006年03月21日

ドラえもん のび太の恐竜2006 #508

2006年 日本 映画ドラえもん

いろんな意味で、この映画を新声優陣でリメイクしたことには意義があると思う。これだけ長い間、国民的な人気を誇っていれば、視聴者も世代交代するのも当然。かくゆう私も小学生の頃この映画を見た記憶がある。私の記憶に間違いが無ければ公開前に「コロコロコミック」(この雑誌まだ健在なのに驚いた。)の創刊号からの特別企画に映画ドラえもんのび太の恐竜の原作マンガが一挙公開されたはずである。そもそも「のび太の恐竜」は単行本の何巻目かに収録されている短編の一つで、映画化に当たって長編として編集しなおされている。新映画にも出てきた目玉型のスパイロボなんかがミステリアスで長編にするにはもってこいの内容だったし、たしか作者もこの話しには愛着があるようなことを言っていたように思う。

そして新作。なんとなくドラえもんのキャラクターが変わっちゃったような気もしなくも無いが、オリジナルに似た内容。細部は覚えていないが、お父さんお母さんも懐かしさと同時に新たにハマって見てしまうことだろう。

冒険の中でドラえもんアイテムをうまく使ってパズルを解くような面白さは、TVアニメのドラえもんではなかなか同時に複数の道具が出てくることは無いので、謎解きも加味されてる。

私事だけどスネ夫がタケコプターの電池を少しずつ使えば消耗を遅らせると言っていたのを自分のおもちゃに応用したことを覚えてる。

関連記事
ドラえもん のび太のワンニャン時空伝 #270
posted by 映画のせかいマスター at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラえもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする