2006年04月08日

キル・ビル Vol.2 #512

2004年 アメリカ 136分

キル・ビルVol1 #255を見たのが1年前。インパクトは強かったが、細部は忘れてしまった。

復讐の残りがビルの弟バドとエル・ドライバー、ビルの3人。バドは落ちぶれてフツーの人になってるんだけど、いきなりやられちゃう。奇想天外!で、生き埋めにされて思い出す、カンフーの達人との修行。そして墓場からの復活! Vol1ほどではないが、自分ワールドですねえ。タランティーノ監督!

次に眼帯美人のエル・ドライバー。Vol.1ばりに戦うんだけど、1のキャラが濃すぎてなんかフツー。1で飛ばしすぎた??でもって、さんざん盛り上げたはずのビルとの対決もなんだかよくわかんないまま終わっちゃった。タイトルがキル・ビルなんだから・・・もうちょっと・・・。本当に理解しようと思ったら1と続けて見るべきだったかな。1で腹いっぱいになっちゃって・・。でも2を見ないのもなんとなくひっかかていたので・・・。

10年後、この映画の評価はどうなっているのか、ちょっと気になったりもする。

posted by 映画のせかいマスター at 08:41| Comment(2) | TrackBack(1) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする