2006年04月17日

マスク2 #518

2005年 アメリカ 96分

前作のラストで愛犬が拾ったと思われたマスクはそのまま川を流れていったようで、郊外に落ちてた。それを拾うのは別の犬。飼い主は冴えないイラストレーター。マスクを被ると前作同様、不思議なパワーが宿る。会社のハロウィンパーティーで大活躍し、そのまま帰って不妊で悩むママとマスクの人格でアレして妊娠。予想通りできた赤ちゃんはマスクの能力を持って生まれてくる。

さらにもうひとキャラ。マスクの本来の持ち主の神ロキが登場。親方神様に怒られつつ、マスクを取り返しに来る。オープニングは彼の登場シーンだったので、もしや続編はシリアス?!と一瞬思ったが、やっぱしそんなことはなかった(笑)

“マスクと愛犬”と“赤ちゃん”と“マスクの持ち主”という三角関係でやや物語に幅はできたけど、前作のジムキャリーの勢い一本!の方がストーリー展開はスッキリしててよかった気もする。懲りずに3も作って欲しいけど・・・。

関連記事
マスク

posted by 映画のせかいマスター at 06:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする