2006年05月09日

シュレック2 #536

2004年 アメリカ 93分

1作目で結ばれたシュレックとフィオナ姫が、フィオナ姫の両親に招待される。2人の幸せを祝って欲しいフィオナ姫は喜ぶが、シュレックは乗り気ではない。その不安が的中し、フィオナ姫の両親は怪物の夫をあまり歓迎しない。そこへ恋敵チャーミング王子の母が現れて・・。どうやら姫の父は彼女に弱みを握られているようだ・・。怪物のままだと姫が幸せになれないのではないかと思ったシュレックは、チャーミング王子の母の研究所へ乗り込み、魔法の薬を手にする。

1作目は手堅いというか、基本に忠実というか、古典的なストーリーだった気がするが、続編は設定そのままにちょっと羽根を伸ばした感じがした。その分面白さは自由度アップでより笑えた。

新たなキャラが出てくるんだけど、一人は殺し屋の長ぐつを履いたネコ。マスクオブゾロのパロディで声の出演はまんまアントニオバンデラス。シュレックを葬り去ろうとした刺客だったが、シュレックと行動をともにする。もう一人はチャーミング王子の母。まったく似ても似つかないけど、ティンカーベルっぽい登場。ちなみに本家ティンカーベル(ふうのキャラ)はラストのダンスで出てくる。

定番のシンデレラ、白雪姫、眠れる森の美女のパロディはもちろん、ミッションインポッシブルや、ゴーストバスターズのパロディも入ってて、数箇所は絶対笑えるシーンがある。シュレックの窮地を救うピノキオが鼻を伸ばすために嘘を付け、というシーンが私的にはベストでした(笑)。

posted by 映画のせかいマスター at 06:10| Comment(2) | TrackBack(0) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする