2006年06月07日

レイクサイドマーダーケース #556

2004年 日本 118分

予告編を見たときは高級っぽい作りだなと思った。東野圭吾原作のベタな推理小説とばかり思っていたので、映画にするには弱いから少し高級にしたのかと思っていたが、ラストの展開は著者特有の初期の作品にも多かったパターンだった。

子どもの中学の受験合宿にやってきた3家族。そのうちの1組、薬師丸ひろ子と役所広司は実はうまくいっていない夫婦。ダンナはこっそり愛人をキャンプに参加させる。夜中に会おうと耳打ちする二人だったが、約束は果たせず、小屋に戻ってきたダンナが見たのは妻に撲殺された愛人の姿だった。マスコミに騒がれると子どもの受験に影響が無いわけがない、と死体を捨てようと言い出す一堂。

まあ、非常識な人たちの集まりなわけで、さっきまで不倫してた人が教育論をぶっても何の説得力も無いんだけれど、窮地に追い込まれながら事件の真相を追うという部分は、まあ面白いわけで、私だったら付け込まれたらすぐ降参しそう。特に自分が悪くて負い目があるときはなおさら。シュンとなっておしまいかな。しかし映画や小説ではそこから巻き返していくわけですねえ。勉強になりました。

いろんな共演が。
薬師丸ひろ子と柄本明。昔の角川映画でよく出てた。柄本明と役所広司は御馴染みコンビだし、杉田かおると鶴見慎吾が夫婦役で共演!金八先生の保と雪乃だー!

posted by 映画のせかいマスター at 07:22| Comment(6) | TrackBack(3) | ら行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする