2006年06月20日

映画のせかい2がポータルサイトになりました

まずはこのサイトを見てください。なんとこのブログ「映画のせかい」がポータルサイトになってしまいました。いやー凄いですねー。数年後には映画レビューでヤフーやライブドアに迫ることは間違いないでしょう。はっはっは。

と冗談はさておき、これはedita@という無料サービスに登録しただけです。このサービスを利用した最初の目的は「映画のせかい2」は旧ブログ「映画のせかい」からブログサービスを移して続いているものなので、2つを統合したいから、というものでした。で、早速合体!・おお!凄い!一連の流れになってる。一人でいくつかのサービスにブログを登録している人は自分だけのポータルサイトを作ることが可能じゃないか。私も読書系のブログがあるけど、合体するとごちゃごちゃになりそうだなあ・・。

それと、このブログではシンプルにあ行、か行・・というカテゴリ分けをしているんだけれど、あっちではこっちのカテゴリはそのままで別のカテゴリにすることも可能!「アクション映画」「コメディ映画」とかにしようかなと企み中です。

で、自分だけの夢のポータルサイトも良いけど、せっかくだから編集員を増やして史上最強を目指すのもいいですよね。まあ、わたしの場合、唯我独尊でやってきたので、いつもRSSで巡回しているお気に入りリンクの方々が、もし編集員になってくれたら、ひと目で更新がわかっちゃうようになっちゃいます。いかがですか?みなさん。私はあまりマメにこういうことをしない方なので、逆に誰かが立ち上げたら編集委員になりますので、よろしくお願いします。

というわけで、SNSの次はこのサービスで燃えちゃいました。なかなか面白いですよ。みなさんもブロガーを集めて自分の好みの話題でオリジナルポータルサイトを作ってみませんか?

edit.gif
posted by 映画のせかいマスター at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドラえもん のび太と翼の勇者たち #562

2001年 日本 91分 映画ドラえもん

シリーズ22作目。スネ夫家でかつて鳥人間がいたという話題で盛り上がるのび太たち。この構図は寅さん一家の一家団欒に似てる。子どもの頃って特に誰かんちで新たな発見があってみんなでワイワイやるのっておもしろいよねー。ここだけ登場の出来杉君が薀蓄を披露し、鳥に思いを寄せるのび太。今回は鳥ワールドが舞台です。

鳥王国バードピアから迷い込んだ鳥人間・グースケは小さい頃空から落ちたトラウマで今でもうまく飛ぶことが出来ない落ちこぼれ。グースケを追ってバードピアに来たのび太らは、そこが人間に迫害された鳥たちの国であることを知る。

鳥人間はソフトバンクホークスのハリーホークっぽくて、球団設立当時のヘルメットを思い出してしまった。↓こんなの
howks.jpg

“渡り鳥パトロール隊“の入隊テスト“イカロスレース“に出場したグースケが優勝したのに自分の翼で飛んでなかったため失格になって落ち込む姿は全国数十万人の「のび太君」たちに共感されたに違いない。

23世紀の科学者・鳥野博士が映像人間で出てきたところはタイムマシン #19という映画でも出てきたなあ。

地球は人間のものだけではなく、自然界、鳥たちとも共存していかないといけません。そういうメッセージ色も子どもの頃に見ておいたほうがいいんじゃないかと思いました。


posted by 映画のせかいマスター at 06:49| Comment(0) | TrackBack(1) | ドラえもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする