2006年07月06日

g@me #578

2003年 日本 

家出した少女と、上司の弱みをにぎろうと偶然そこに居合わせたエリートがお互いの利益の一致のために起こした狂言誘拐というゲーム。2人はだんだん惹かれあって・・。

藤木直人と仲間由紀恵という主演が最初は微妙だった。良いとも悪いともいえない。「ごくせん」でブレイクして強いイメージがついてしまう前の作品であるが、できればもっと少女らしい女優の方が良かったのではないか。で、少女がだんだんと大人びてきて・・という「レオン」とかの展開を期待していたのだが、、、、。

しかし途中から展開ががらりと変わる。仲間由紀恵でよかった、という甘くそして危険なゲームが展開されるのだ。恋の駆け引き、そして殺人の駆け引き、果たしてゲームの勝者は?ゲームオーバーはどこに着地するのか?最後まで二転三転、東野圭吾原作のサスペンス。

posted by 映画のせかいマスター at 06:36| Comment(2) | TrackBack(1) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする