2006年07月15日

巴里のアメリカ人 #585

1951年 アメリカ 113分

ハリウッド・ミュージカルの最高傑作というキャッチコピーで、1951年度アカデミー賞作品賞、脚本賞などを受賞した作品。色彩鮮やかな画面で明るくポップな展開。


街角で少年たちにソルジャーの真似とかするシーンは、現代だったら三流芸人だけど(パッション○○を思い出しちゃった)、当時は新鮮だったんだろうなあ。ディズニーランドとかの片隅に似たような人いそうだもん。その他その後のあらゆる映画に影響を与えたと思われる。本流だったんでしょうね。でも思い浮かべるのはクレイジー映画のダンスシーンだった。

posted by 映画のせかいマスター at 05:52| Comment(0) | TrackBack(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする