2006年07月17日

ロード・オブ・ザ・リング #586

2001年 アメリカ/ニュージーランド 178 分

世界中で人気のJ.R.R.トールキン原作による「指輪物語」の完全映画化。原作は40年以上前の作品で、公開前から公式ページにはアクセスが集中したという。ご存知の通り三部作だが、3本の映画を同時に製作するという映画史上例を見ない実験的な試みで撮影されたそうだ。

これだけ話題でありながら、全然知りませんでしたよ、とほほ。でも一度見たらその芸術的な風景やそれぞれの民族の衣装や設定に見惚れました。こりゃー凄い。そもそも主人公のイライジャからしてCGで背を縮めてる。こんなワークで3部計10時間近い作品を作るとは、すごい製作現場だったんでしょうねえ。

で、話の内容については2部以降に書きます。1部は悪の魂を持った指輪を滅びの山の火口、“滅びの亀裂”に投げ込み破壊するために、そこでフロドを中心とする9人の仲間が旅立つという話。

ロード・オブ・ザ・リング #586
ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔 #614
ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還 #618

posted by 映画のせかいマスター at 19:07| Comment(3) | TrackBack(2) | ら行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする