2006年07月24日

リンダリンダリンダ #593

2005年 日本 114分

ブルーハーツの「リンダリンダリンダ」に特別なものを感じる世代です(笑)高校の時熊本県の阿蘇山の麓でオールナイトロックコンサートやってて、佐野元春や渡辺美里など当時の一線級が総登場する中、前座で出てきたのがブルーハーツだった。前座でもかなーり人気があって会場も盛り上がりまくってた。デビューアルバムは今でも全て歌詞を見ないでも歌える(と思う)。

で、最近の高校生がブルーハーツで解散しかけたバンドを復活させようと、文化祭の直前に韓国からの留学生をボーカルに徹夜で練習って話。スポ根はもはや絶滅したようで、さらっとした進行、サラッとした高校生たちで、若い娘が誰が誰だかわかんなくて、ありゃ困ったと思いつつ軽く見ていたわけです。

が、それでもラストのリンダリンダリンダがかかった時(正確には♪どぶねーずみー、の後)うるっときてしまいました。いい歌だよねえ。ペ・ドゥナさん、最初は日本語もままならず、本当に大丈夫?とまんまと術中にはまってましたが、よかった!バンドも本人たちが演奏しててパーランマウム(ブルーハーツの韓国語)のバンド名でCDも出てます。先生役は甲本ヒロトの弟さんだそうな。

posted by 映画のせかいマスター at 05:43| Comment(2) | TrackBack(3) | ら行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする