2006年08月10日

担え銃 #610

1918年 アメリカ 25分

チャップリン映画に戦争モノが多いのは、時代が時代なだけに仕方がないが、この映画は第1次世界大戦最後の年に作られている。さすがに真っ最中に茶化すような映画を作るのは大変だったんじゃなかろうかと邪推。

全体としても短編だが、中身も細かく区切られていて、訓練→最前線へ→逃げ遅れた少女を救出とテンポ良く進んでいく。

なかでも笑えたのは、木人拳?ごとく、木に扮して敵をノックアウトするところ。木を切ろうと斧を持ってくる敵陣営を次々なぎ倒すパントマイム風の動きに見ているこっちも笑いでKOされちゃった。

あと防空壕の中の生活。隣の兵隊にいじわるするところ。そもそも洪水で体中水に浸かっても平気で寝てる兵隊に水を掛けたり、火を点けたり、とやりたい放題。

それから空爆で壁が無くなった家のドアの鍵を閉めて浸入!して寝てしまい、少女に介護される途中で目が覚めたのに寝たフリ・・とかね。少女はもちろん エドナ・パーヴィアンス。

それと、最後に再会する兵隊が チャップリンの義兄弟シド・チャップリン(だと思う)。

posted by 映画のせかいマスター at 07:21| Comment(6) | TrackBack(2) | チャップリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする