2006年08月15日

ソナチネ #613

1993年 日本 94分

北野武監督第4作目。ソナチネとは小さなソナタの意。たけしはヤクザの役。シリーズを通して役柄は違うものの、一貫したキャラクターは良い意味で凄いと思う。しかもそれはたけしオリジナルとも言うべきビートたけしのもう一つの顔でもある。

舞台は沖縄。静かに始まり沖縄の自然をバックに静かに進んでいく。沖縄だったら何をしてもいいというわけではなかろうが、自然と太陽、そして勝村政信(元気が出るTVつながり!?)の緩やかな演技は、殺し合いをしているという緊迫感の中で、独特の世界を表現している。 日本映画プロフェッショナル大賞新人奨励賞 の国舞亜矢もなんかイイ感じ。

死と隣り合わせた遊び心が随所に見られ、撃ち合いでは弾丸飛び交う中、無傷で立っているたけし。ラストがなぜああなのかは、理解できなかったが、彼の映画なりのけじめと取るべきだろうか?

posted by 映画のせかいマスター at 17:13| Comment(0) | TrackBack(1) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする