2006年08月29日

トラック野郎 御意見無用 #625

1975年 日本 95分

単発で作ったが大ヒットを記録しその後夏と冬の年二回10作まで続く人気シリーズとなる「トラック野郎」シリーズの第一弾。トラックで衣食住している一番星こと桃次郎(菅原文太)と7人の子だくさんの家庭を持つ元警官のやもめのジョナサン(愛川欽也)が、日本を縦横無尽に駆け巡る。今回は東北のトラックご用達の食事店に勤める美女(中島ゆたか)に恋をした一番星が、ドタバタしつつも最後はトラックでビシッと決める。

喧嘩上等、感情の赴くままに、一番星の恋やジョナサン一家の話などいろんなエピソードがふんだんに入っている。中でも桃次郎に世話を焼くモナリザお京(夏純子)が好きだったので、兄の関門のドラゴン(佐藤允)と共にレギュラー化して欲しかったが、これ一回の出演みたいだ。浅丘ルリ子っぽいお京は、寅さんにおけるさくらのように欠かせない存在だと思ったのに。しかも湯原昌幸に持っていかれちゃった。

これから2006年夏にwowowで放映された1,3,5,7,9作目の夏の作品を順番に見ていきます。

ランキングサイト↓現在5位まで来ました、クリックありがとうございます。今日もクリックをお願いします。
ranq2.gif

ラベル:トラック野郎
posted by 映画のせかいマスター at 07:31| Comment(0) | TrackBack(0) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする