2006年09月20日

男はつらいよ 旅と女と寅次郎(男はつらいよ31) #645

1983年夏 日本 106分

舞台での演劇風の夢からスタート。岡っ引きの博が寅兄さんを捕まえる。歌のシーンで今回劇中で出てくる「矢切の渡し」が大ヒット中の細川たかしがゲスト出演。

柴又では満男がもう6年生。最後の運動会に博が出席できず、寅が代わりに親子競技に出ると張り切ってる。なんとなく断りたい雰囲気を察して定番の喧嘩、旅へ。新潟から佐渡に渡る船で、失踪中の大スター京はるみと出会い、二人で佐渡に渡る。

いきなり余談だが、保険屋のおばちゃんとして 素晴らしき日曜日などの黒澤映画から日本映画に出ずっぱりの中北千枝子が出演。佐渡の旅館のおばあちゃんで北林谷栄が出演そーとーなおばあちゃんに見えるが、その後「大誘拐」ではしゃんとしたばあちゃん役をしてるんで、おばあちゃん役をやらせたら日本一のおばちゃんですね。このとき一体何歳なんだろう?72歳くらいですね。元気だねー。社長は秘書のマキノ佐代子(このときはまだ名前なし)をつけてる。

で、ほぼ本人役の都はるみは、この映画のあと引退宣言し、翌年引退しちゃうんで、どうしてもこの映画が本当の話のように思えてしまう。とらやで「アンコ椿」を歌ったりするシーンはどうしてもシリーズの中で浮いてしまうけど、夢があっていいですねえ。私もすっかり都はるみのファンになってしまいました。

恋人と別れて職場放棄して佐渡へふらりとわたり、マネージャーのベンガル、木の葉のこ、社長の藤岡琢也と桜井センリらが追い掛け回す。お土産屋の二階で寅と別れ、2人は元の場所へと帰っていく。

とらやで、都はるみのTVをタコ社長が見てるところに寅が帰宅し、TVに出てる都はるみに気付くが、タコ社長の頭が重なる。この寅の視線カメラ、笑えた!

あと、旅館で寅さんが自分の自己紹介した後、はるみの身になんかわけありであることを感じて、何も聞かずにいたこと、そしてそれをステージで振り返るはるみのシーンがよかったです。以外に思う方もいるかと思いますが、この作品は私の中の寅さんシリーズの中でも上位に来る作品でした。

ラベル:男はつらいよ
posted by 映画のせかいマスター at 07:14| Comment(8) | TrackBack(2) | 男はつらいよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする