2006年10月17日

チャーリーとチョコレート工場 #661

2005年 アメリカ 115分

原作者ロアルド・ダールの短編集を読んだことがあるのだが、なかなかシニカルで面白い。この映画がどこまで原作に忠実なのか原作を読んでいないのでわからないが、結構良い線行ってるんじゃないかと思う。

が、しかし、子どもと一緒に見たんだけど、子ども向けなのかそうじゃないのか、わからんかった。ま、最後は喜んでいたんでいいんだけど、ブキミー!さすがティム・バートン監督だけあって、なぞのチョコレート工場を再現している。

世界中から選ばれた板チョコの中にはいったゴールドカードを手にした5人の子どもたち。主人公以外の4人はよくもまあ、というくらいひねくれたガキばかり。主人公は涙ぐましい貧乏だけど家族思いな少年なんだけど、拾ったお金で即チョコ買ったらダメでしょう(笑)

一人ずつチョコレート工場の中に消えていくというのは、子どもには怖くないのかな、と思いつつ、あまりグロじゃなかったんで許しちゃった。ついでにウンパ・ルンパの不気味さも。で、結局おやおやと思いながら最後まで楽しんでみてしまったのだけど、これってすっかりティム・バートンにもてあそばれちゃったのかな。

IZAMUみたいなジョニー・ディップも変てこキャラでよかったっす。

ティム・バートン映画リスト

posted by 映画のせかいマスター at 07:09| Comment(4) | TrackBack(2) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする