2006年11月02日

交渉人 真下正義 #670

2005年 日本 127分

首都圏が舞台なので東京の人はさぞかし面白いんだろうなあと思って見ていたが、最近東京に出張の機会が幾度かあったんで、それなりに楽しんで見ることが出来た。もしかして地方の人向け?地方に住んでいると最新鋭実験車両(通称:クモ)が本当にあるんじゃないかとドキドキして見れる楽しみもありますから〜

それはそうとユースケの交渉人ぶりはいまいちだった。冷たく突き放したり挑発したり、極端な部分ばかりで、もっと地道に追い詰めていく姿を期待していたのだが。警察内部のゴタゴタは相変わらずで、今回は特に鉄道オタクのアリとキリギリスの小さいほうの人が面白かった。彼を釣るのに婦人警官と合コン、しかも制服で、なんてのが一番交渉人っぽかったけど(笑)

あとは寺島進の活躍とかなんだけど、このへんはTVドラマ版を見たこと無いので繋がりがよくわからなかったりする。

posted by 映画のせかいマスター at 08:04| Comment(3) | TrackBack(3) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする