2006年11月22日

男はつらいよ 柴又より愛をこめて #681

1985年 日本 106分

日本人初の宇宙飛行士に選ばれた車寅次郎、出発間際になって仮病で逃げようとする・・・。という夢からスタート。駅で起きたら田舎の中学生役で松居直美が出てる。なんか急に最近の作品になったような印象。きわめて個人的な話だけど。

で、とらやではタコ社長がテレビ出演。とらや面々はあまり気にしていないようで、何かと思ったら尋ね人のコーナーで失踪したあけみを探してる。涙で帰りを請うが、こりゃ逆効果だな、とみんな。呆れたあけみも電話する。そこへ寅さん帰宅。あけみを探しに下田へ向かう。

全編を通じて景色が綺麗。カメラ割りもいいし、田舎の街角の風景も心温まる。あけみの泊まった下田の温泉旅館も、さくらの名前で働こうとしたスナックも雰囲気でてる。そして式根島の海。地元の人だけの隠れ名所的な場所も、寅さんは美人の先生と、あけみは島の青年と、別々に連れて行ってもらうのだが、これがまた綺麗!美保純さんの寅さんシリーズ最初で最後のヌードシーンもちらっと写るんだけど、大自然の中で健康的です。

で、女版寅さんとも言えるあけみの放浪の旅は、下田から式根島へ、島の青年と恋に落ちそうになるんだけど、これまでのような寅さんが若いカップルを見守るというのではなく、自分も島の先生と恋に落ちてあけみの存在すら忘れちゃう、っていうパターン。互角の存在なところが面白い。あけみの相手は田中隆三。田中裕子の弟。マドンナは2回目の栗原小巻。24の瞳になぞられた島の美人の先生役で、島から帰った寅さんにお約束の禁句ネタ。「島」「海」「美人の先生」ってところがおかしかった。満男が読書してる本が「二十四の瞳」だったりして・・。

ラストの失恋へ繋がる川谷拓三の挿話は、なんか唐突な感じもしなくは無いが、まあ現実ってこんな感じなのかな、なんて思ったりもする。とフォロー^^;

やっぱり寅さんにはロケが良く似合う。

posted by 映画のせかいマスター at 07:33| Comment(2) | TrackBack(3) | 男はつらいよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする