2006年11月23日

ロボッツ #682

2005年 アメリカ 90分

「アイス・エイジ」のスタッフによるCGアニメ。実写と間違うような綺麗な映像で、ロボットの動きも面白いし、ロボットの発想も良かった。ブレイクダンスのロボットの動きをロボットがやってるシーンとかあって笑えたのだが、なんか回りくどいというか・・。A地点からB地点へ行くのに、直線で行かずにいろいろ観光しながら行ってみましたって感じ。ピクサーの単純明快さが改めて凄いと感じてしまった。キャラクター設定とか話の設定がややこしい感じ。いっそのこと古いロボットは壊される、でよかったのでは?バージョンアップさせて云々というのをロボット同士でやるのもなんだか・・。

posted by 映画のせかいマスター at 09:05| Comment(8) | TrackBack(2) | ら行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする