2006年12月05日

一番美しく #694

1944年 日本 85分

第二次世界大戦中に作られた軍需工場で働く女子挺身隊員達の姿を描く作品。

なんだかものすごい数の工員を撮影に使っているなと思ったら、実際の工場で撮影したそうだ。戦争中に大変だったと思うが、女優さんたちは本当の工員のように毎日を過ごしていたそうだ。戦争中の映画なので、戦争を批判するような台詞は許されなかったようで、社会風刺的な部分は出てこないが、記録映画としては戦争のまた違った一面を映し出している。

私は戦争を知らない世代なのであるが、いろんな面で戦争を残してあるという点では有意義な作品だ。主演の矢口陽子は後に黒澤明の妻だそうで。

posted by 映画のせかいマスター at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | あ行の映画(43)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする