2006年12月28日

竜二 #715

1983年 日本 93分

20年以上経った現在でも高い評価を誇る映画。ヤクザ映画なので、いつ抗争に巻き込まれるのかドキドキして見るが、いままでのような襲撃、因縁、といったどろどろしたヤクザ映画とは一味違っていた。ヤクザのこんな一面、主人公の生き方、そして妻、高い評価を受けるのもよくわかる。

刑務所帰りの竜二は、金まわりこそ良かったものの、現在の自分に疑問を持ち、カタギに戻って妻子と暮らし始める。一見平和な生活だったが、だんだん昔に自分に戻りたくなる自分もいる。そんな中、かつての弟分が覚せい剤に手を染め、もう一人は出世していく。そして・・・。

話の展開はそれほど急ではなく、丁寧に作られている。見どころも多いが、かつての兄貴分と居酒屋のカウンターでヤクザは不安だ、と語り合うシーンや、妻の実家にお邪魔するシーンなどが好きなシーンだ。竜二はいい人でよかった、と言ってた家族はまたヤクザに戻った竜二をどう思うのだろう??

あとは配役が面白くて、弟分はかつてジャニーズ事務所の暴露本を書いた元フォーリーブスの北公次、これ以外あまり見ることができません。
もう一人の出来損ないの方の弟分が、ザ・ハンダースを解散し、アゴ&キンゾーで再デビューした頃の桜金造。クレジットには佐藤金造と出ています。この映画の撮影中、現場に遊びに来た松田優作に突然「桜にしろ」と言われ改名したらしい・・。竜二が見てるTV番組の中で「お笑いスター誕生」のアゴ勇がフランケンシュタインになるネタやってた(笑)

妻の永島暎子も良かった!帰ってくると笑顔でお帰り!と迎え、家計もしっかりやりくり。竜二の心がだんだんヤクザに戻っているのを感じると、後押しするような発言をして、最後に抱かれる。もちろん本当は別れたくないのに、夫の好きな道を歩ませてあげようという気配りが凄く良かった。こういう人はもう映画の中にしかいないのかな??八百屋の前の別れのシーン、あの距離感、そしてお互い無言、それでも分かり合う、これぞ夫婦って感じでした。

そして主演の金子正次。実体験を元に脚本を書いたらしいですが、この映画の作製は2002年に「竜二 〜Forever〜」という映画でまとめられています。韓流スターのようでかっこいのですが、後半は病魔との闘いだったのか、頬もこけて壮絶な表情です。そして公開直後にガンでこの世を去り、この映画は伝説となりました。


PS.多分きっと長渕剛がこの映画に影響を受けているんだろうなあ、と思われる部分がいくつかありましたね。

posted by 映画のせかいマスター at 08:10| Comment(4) | TrackBack(0) | ら行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする