2006年12月29日

家族ゲーム #716

1983年 日本 106分

これ、中学か高校(どっちか忘れた)の時見た。TVドラマで長渕版家族ゲームやってて、長渕剛が良くって、映画をできたばかりのレンタルビデオ店で借りてみたんだけど、TVと違って妙に暗く、変てこな人ばっかだったのでつまんねーなーと思った記憶しかない。中学生には所詮その程度だろう。

で、今見直してみると、意外と面白い。この頃は金属バットで子どもが親を殴り殺す事件が起こったり、ちょうど注目されてた時期ではある。80年代はこんな感じだったなあとは思うんだけど、おそらくこの頃と現在で、平均的家族の中身はほとんど変わっていないんじゃないかなあ。

父親も母親もあまり家族のことに関心が無い。自分の問題として捉えられず、家庭教師が来たことをいいことにすべて押し付けちゃう。家庭教師も家庭教師で一風かわったヒトで、なんだか好き勝手にやっているんだけど、それでも子供のことを一番考えているようにも見える。なぜかこの組み合わせがバッチリ決まって、受験には成功するのであるが・・・。

あらすじはここが詳しいので譲ります。
http://www.geocities.co.jp/playtown/1541/kazoku-game.html

さて、この家族。みんなそれぞれ自分は普通だと思っているんだろうけど、全員変てこ。狙って強調して作っているのもあるだろうが、誰もが普通に持っている内面だろう。この頃はまだそういうのをアンチテーゼとしてメッセージにする勢いがあったということだろうか。これを見て笑ってる人たち、出てきてるのは自分の姿かもしれないですよん。



日本映画専門チャンネルはスカパーで!


posted by 映画のせかいマスター at 07:21| Comment(2) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松田優作

ブラックレイン #1100(1989)
嵐が丘(1988)
華の乱 #1478(1988)
ア・ホーマンス #1045(1986)
それから(1985)
家族ゲーム #716(1983)
探偵物語 #204(1983)
陽炎座(1981)
ヨコハマBJブルース #2426(1981)
野獣死すべし #567(1980)
レイプハンター 狙われた女(1980)
薔薇の標的(1980)
乱れからくり(1979)
俺達に墓はない #1092(1979)
蘇える金狼 #566(1979)
処刑遊戯 #2425(1979)
最も危険な遊戯 #1085(1978)
殺人遊戯 #2424(1978)
人間の証明 #173(1977)
暴力教室 #1090(1976)
ひとごろし #1094(1976)
ともだち(1974)
竜馬暗殺(1974)
あばよダチ公(1974)
狼の紋章(1973)
posted by 映画のせかいマスター at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 出演者別リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする