2007年01月15日

トラック野郎 天下御免 #732

1976年 日本 105分

シリーズ第4作。ナンパした大学生とうまいこと行きそうになったところに、お遍路姿のマドンナ由美かおる登場!あとを追おうとするが一歩間に合わず、ジョナサンに持っていかれてしまう。一番星VSジョナサン恋のバトル!?と思いきや、養子に出した娘が目の前に現れれ、ジョナサンあっという間に敗退・・。この養子問題、今回のテーマの一つで、子宝に恵まれないドライブインの経営者京唄子鳳啓介夫婦に10人の子どものうち一人を、とせがまれ、収入に見合わない家族構成のジョナサンは泣く泣くわが子を手放す。ギャグの中に警察へのアンチテーゼやトラック野郎の割に合わない仕事環境を取り入れている。警察は毎回悪いイメージでしか出てこないから、というわけではないだろうが、撮影にもかなり規制が入ったことでシリーズを続けられなくなったという話もある。

今回もマッハ文朱率いるタンクローリー軍団とのロードレースなど大変なシーンも多かった。女子プロレスのマッハさん、男勝りだが、元女優だけあって良く見れば美人!そして兄の杉浦直樹が今回のライバル。レースに負けたら妹を嫁に貰えと挑む。

そしてWマドンナっぽくもう一人、桃太郎に娘の名付け親になってもらった松原智恵子も登場。一番星のラブレターを仮名の間違いで届いたことから三角関係に発展する。カワイサではマドンナでもいいくらい^^

四国ロケ!


ラベル:トラック野郎
posted by 映画のせかいマスター at 07:29| Comment(0) | TrackBack(1) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする