2007年02月13日

地方紙を買う女(松本清張ドラマ) #763

2007年 TVドラマ

小説で読んだ時は地味な短編、という印象だったが、映像化されるとやっぱり面白い。W不倫の果てに夫妻を毒殺した東京在住の女、内田有紀が、地方紙でそのニュースが出てないかどうかチェックするため定期購読を申し込む。理由を聞かれて咄嗟に連載小説が面白かったから、と答える。とここまでは原作どおり。

小説では、死亡確認の記事が出て購読を取りやめた女に対し、連載小説の小説家・高嶋政伸が、これから面白くなるところなのに、と独自で捜査するのだが、ドラマでは、偶然女の勤めていたバーに小説家が行って出会い、なぜか接近するというあまりの偶然!の話になっちゃってる。遠くから自分の小説を求めて新聞を定期購読するという話を聞き、張り切って書いたにもかかわらずいきなり中止されちゃう、という小説家の悔しい思いが面白かったと思うのだけど・・。

と、そこを除けば、事件に迫る小説家との駆け引きも面白かったです。
posted by 映画のせかいマスター at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする