2007年03月31日

フィラデルフィア #809

1993年 アメリカ 125分 トム・ハンクス

有能で未来を期待されていた弁護士が突然解雇。その裏には弁護士の病気=AIDSが・・。解雇理由はAIDSではないとする会社側と、ついに裁判で争うことに・・・。

出演者を見ているとアントニオ・バンデラスがちょっと若いくらいで、つい最近の映画のように見えてしまうが、はや14年が経ってる。1993年、AIDSに対する偏見は根強かったと記憶しているが、こういう事例はあったのではないかというのは想像に難くない。

物語はAIDSから性の問題(ゲイ、同性愛など)に踏み込まれていくが、今でこそ、性同一性障害という言葉も認知されつつあって、芸能人や選挙に立候補する人もカミングアウトするようになっているが、当時は映画の中にあるような偏見に満ちていたんだろう。

差別を描いた映画はいつの時代にもあるが、現代の差別として一石を投じたに違いない。

トムハンクスが痩せこけていく迫真の演技でアカデミー賞主演男優賞を受賞した。彼を弁護し、勝利に導く弁護士は、時に型破りな言葉を投げかけるデンゼル・ワシントン。こちらも熱演でした。あと、私の好きなブルース・スプリングスティーンが「 Streets of Philadelphia」で主題歌賞を貰ってます!この歌が、この映画をよく表している詩なので、一度詩を読んでから見るといいでしょう。



posted by 映画のせかいマスター at 06:44| Comment(0) | TrackBack(1) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月30日

60セカンズ #808

ニコラス・ケイジ

ショールームから豪快に展示者を盗む強盗団がミスをして捕まった。そのシワ寄せはカタギになった兄へ向けられた。かつての仲間に声をかけ、再び車泥棒チームを結成する。弟が集めてくるはずだった盗難車50台、果たして集めることが出来るか・・!

正義は勝つ、的な視線で見るとやっぱり盗難はよろしくないですねえ。こういう作戦は失敗しなくっちゃ。でも真の悪はニコラスをはめた連中で、ニコラス・ケイジは弟のために仕方なく悪事を働くっていう言い訳がちゃんと成立してるから、しょーがないとしましょう。

で、途中ニコラス・ケイジとかつての恋人アンジェリーナ・ジョリーのロマンスなんかを挟みつつ、最後はお決まりの物凄いカーアクション!そしてニコラスが適役をぶちのめすってパターン。アンジェリーナ・ジョリーがはすっ葉な不良娘役。随分とイメージが変わるものですねえ。

ニコラス・ケイジのアクションものとしては、そんなにキャラが立ってるわけでもなく、ニコラスじゃなくっても・・っていう部分を感じてしまったのがやや不満の一作でした


posted by 映画のせかいマスター at 05:17| Comment(1) | TrackBack(6) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

蔵の中 #807

横溝正史映画

高林陽一監督で中尾彬が出てくるんで、1975年のATG作品「本陣殺人事件」を思い出さずにはいられない。中尾彬はジーパンの金田一に反省して通常版金田一になったのかと思ったら、小説家役だった。横溝先生本人がモデルではないみたいだけど、あちこちの女に手を出す好色な役。
そこに少年が原稿を持ち込んでくる。そこに書かれていたのは、蔵の中から小説家をじっと見ている視線だった・・。

じっと見てるのはこれまた訳アリの瞳。幼い頃に病気をして蔵の中で過ごす美女と彼女を慕う美形の弟の、今で言えば美少年漫画(専門用語でなんていうんだったっけ?)ふうのマニアックな物語が展開されてる。そして二人は嵐の夜に禁断の・・・。

病気が重くなる姉に望遠鏡を見つけた弟が蔵の中から見たのが、小説家が愛人を絞め殺すところだった。そして姉は・・・。

小説家と蔵の中、この2つがシンクロしたとき、謎はさらに謎を呼ぶ。

う〜ん、キモイ(笑)主題歌も怖いし、話の暗さといいゲテモノ映画にも取られそう。しかしそこは横溝原作のしっかりしたストーリーがあるんで、楽しめます。ちょっと偏りすぎた気もしますけど。


posted by 映画のせかいマスター at 06:58| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

史上最大の作戦 #806

1962年 アメリカ 178分 

原題が「The Longest Day」。第二次世界大戦にて連合軍のフランス・ノルマンディー海岸への上陸作戦「オーバーロード作戦」を描いた長編。邦題の「史上最大の作戦」もバッチリ決まっていて、本当の作戦ってこんな作戦なんだな、と。戦争の作戦はそれこそ命がけなので、現代でも参考にされることが多い。経営関連の本なんて読むと、戦争での戦いがよく引き合いに出されてる。この映画も中盤からの作戦開始以降の盛り上がりは凄い。

ポイントはいかに敵地に乗り込めるかってことなんだけど、空から(パラシュート)海(海岸)から、攻めて行く。言わば敵のホームグラウンドで戦うわけだから、かなり不利なのだが、それを感じさせない迫力と勢いがあった。目の前で見方が倒れて死んでいっても、なんの感傷も表さずに戦う兵士たち。大迫力の戦争シーンの合間に映されるはぐれ兵士の孤独な戦い。こっちは戦地のシーンと違い、ちょっと物音がしただけでも敏感に反応するところがメリハリがあって良かった。

海岸のシーンはかなり爆薬を使ってあちこちで爆破が起きてる。出演者のエクストラたちは爆破されるところに向かって進んで行ってるんで、実際怖かったんだろうけど、まったくそういうところも感じられない。一部人間じゃなくて人形が爆破されてるなーっていうシーンもあったけどそれはご愛嬌。戦争シーンの迫力は現代映画よりもリアルで激しいのでは?

あと、敵のドイツ軍、ヒトラーが睡眠薬で寝てるのを起こせない、とか、ドイツ語を英語で字幕つきだったり作りも凝ってる。こりゃ凄いわ。いろんな有名人が出てて、お金もたくさんかかっただろうし、映画を作るということ自体も史上最大の作戦だったのかもしれない。


posted by 映画のせかいマスター at 07:24| Comment(0) | TrackBack(0) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

トラ・トラ・トラ! #805

1970年 日本アメリカ 146分

2006年は硫黄島を舞台にした日米の相互の視線から2本の映画が作製されたが、30年以上前に日米合作で映画史に残る名作がすでに作られていた。見ているとまるで日本映画のような日本の名優たちが勢ぞろい。日本サイド7:アメリカ3という感じ。当時公平な立場で映画に出来たのは今でも評価されているが、映画だから可能だったのだろうか。政治的にはどうだったのかな。真珠湾攻撃のシーンは大迫力で、SFXを使わなくても最近の映画に負けないリアルさ。戦地以外でも外交交渉の緊迫もきちんと描かれている。

三船船長がロサンゼルスを目指すスピルバーグ監督の「1941」もこれを見た後で見たら、パロディでもっと楽しめたのかなあ、と思うし、最近の「パールハーバー」と見比べても面白そう。

日本側の監督は当初黒澤明監督だったらしいが、あまりに細部に凝るので、完成までの道のりを心配した配給側が断ったらしいと言う噂。
posted by 映画のせかいマスター at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメリカン・ビューティー #804

1999年 アメリカ 117分  アカデミー賞作品賞

第72回アカデミー賞で作品賞ほか5部門受賞作品なんだけど、ちょっと意外。なんかアカデミー賞っぽくない。つーか、下ネタあり、コメディ?序盤は次の展開が全く読めなくて、なんつー映画だと思いながら、だんだんと引き込まれてった。アカデミー賞じゃなかったら絶対見てないと思うけど、見て良かった!^^

なんじゃこらと思ってた前半も、娘の友達に恋をするケビン・スペーシーの不甲斐ない一家の主っぷりと、そこからマッチョを目指して会社を辞めて、妻に反撃し始める部分になんとなく共感を持ちつつ。さらに隣の怪しい青年にもなんとなく理解を示しつつ。

冒頭のビデオのシーンがターンポイントとなって、もしや父親の身に・・ってところからミステリーっぽい要素も入りつつ。

登場人物は少ないながらもそれぞれが、象徴的な問題を抱えていて一度にそれが噴出しちゃって・・・。最後に辿り着いたのが一発の銃弾なんだけど、あの幸せそうな顔で眠っているのを見ると、人の幸せって多様だな、と・・。

いろいろ考えさせられたし面白かった!


posted by 映画のせかいマスター at 06:07| Comment(1) | TrackBack(1) | あ行の映画(43)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

ドクター・ドリトル #803

エディ・マーフィ

動物と言葉が通じるようになってしまった医者の悲劇、いや喜劇。人間以外のものを擬人化して喋らせると言うのは古典的な手法だし、アニメの世界では動物が喋るのは当たり前なのかもしれない。

が、これはこれでまた新鮮。アニメの中みたいに人間にとって理想的な動物の喋りでは無く、本音バリバリトークで陸から空から、エディマーフィーに迫ってくる。挙句あっちの世界に入れられちゃうが、トラのピンチを救うべく再び戻ってきて世界的な獣医としてハッピーエンド!らしくってよかったです。




posted by 映画のせかいマスター at 07:01| Comment(0) | TrackBack(0) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

ドラえもん のび太と鉄人兵団 #802

1986年 日本 映画ドラえもん

シリーズ第7作。初期の作品の中ではこの作品はちょっと出来が違う秀逸作。この頃からこのグレードで続いていれば、そりゃー興行収益30億になるわなーっていう感じです。ちなみにこの映画の配給収入は12.5億円。それでも大ヒットですが、最近の作品のヒットぶりが伺えますね。

話は偶然どこでもドアで北極に行ったのび太が惑星メカトピアから地球支配のために送られてきた巨大ロボットを、ドラえもんが出してくれたおもちゃと思って持ち帰る所から始まる。身長30mくらいのロボットなので、鏡の世界で遊ぶことになるのだが、ロボの行方を追ってきたリリルにその秘密を握られてしまう。巨大ロボを操縦してご機嫌ののび太だが、その破壊力に気付き、ついには地球征服のたくらみを知ることになってしまう。このことを知るのはのび太たちだけ。他の地球人は何も知らぬまま、ロボットの大群が地球を襲ってくる。

お馴染みのまぬけ敵キャラもなく、シビアに襲ってくる敵たちとガチンコで戦うのび太たち。今回はしずかちゃんが大活躍。スネオのラジコンロボも頼りないながらいい味出して地球の危機を救ってしまっちゃいます。いつもとは一味違うドラえもん映画の中でも1,2を争うようなできばえでした。来年はこの作品あたりをリメイクかな??


関連サイト
Wikipedia
posted by 映画のせかいマスター at 07:39| Comment(3) | TrackBack(0) | ドラえもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

映画ドラえもん

1ドラえもん のび太の恐竜
ドラえもん のび太の宇宙開拓史 #801
ドラえもん のび太の大魔境 #867
ドラえもん のび太の海底鬼岩城 #868
5ドラえもん のび太の魔界大冒険
ドラえもん のび太の宇宙小戦争 #815
ドラえもん のび太と鉄人兵団 #802
ドラえもん のび太と竜の騎士 #813
ドラえもん のび太のパラレル西遊記 #913
10ドラえもん のび太の日本誕生 #876
11ドラえもん のび太とアニマル惑星 #812
12ドラえもん のび太のドラビアンナイト #1212
13ドラえもん のび太と雲の王国 #1213
14ドラえもん のび太とブリキの迷宮 #894
15ドラえもん のび太と夢幻三剣士 #1215
16ドラえもん のび太の創世日記 #814
17ドラえもん のび太と銀河超特急(エクスプレス)#1150
18ドラえもん のび太のねじ巻き都市(シティー)冒険記 #1049
19ドラえもん のび太の南海大冒険 #1060
20ドラえもん のび太の宇宙漂流記 #1059
21ドラえもん のび太の太陽王伝説 #564
22ドラえもん のび太と翼の勇者たち #562
23のび太とロボット王国(キングダム) #554
24ドラえもん のび太とふしぎ風使い #552
25ドラえもん のび太のワンニャン時空伝 #270
26ドラえもん のび太の恐竜2006 #508
27ドラえもん のび太の新魔界大冒険 #800
28ドラえもん のび太と緑の巨人伝 #1113
29ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史 #1222
30ドラえもん のび太の人魚大海戦 #1262
31ドラえもん 新のび太と鉄人兵団#1467
32ドラえもん のび太と奇跡の島〜アニマルアドベンチャー〜#1537
33ドラえもん のび太のひみつ道具博物館 #1808
34ドラえもん 新・のび太の大魔境 〜ペコと5人の探検隊〜
35ドラえもん のび太のスペースヒーローズ #2312 

STAND BY MEドラえもん #2316
posted by 映画のせかいマスター at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | テーマ別リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドラえもん のび太の宇宙開拓史 #801

1981年 日本 94分 映画ドラえもん

映画ドラえもんシリーズ第2作。最近のドラえもん映画はドラえもんの道具をうまく利用してちゃんと整合性のとれた作りになっているのだが、この頃のはいきなりのび太の部屋が宇宙船と繋がってしまう唐突さ。よく見ると絵もヘタウマ漫画っぽいし、最近のと比べたら、いかにドラえもん映画が進化し続けているかを再認識してしまった。

でも逆に考えればドラえもんの道具ではなく、宇宙船と自分の部屋の畳が繋がったら・・という想像力や、その星では重力が地球と違ってて、誰もがヒーローになれる、といった率直な発想もまた良かったのかな。のび太も道具ではなく自らの力でスーパーマンみたいに活躍。前半では意地悪だったジャイアンやスネオも最後には友情パワーで悪役と戦う。

あとで調べてわかったんだけど、この映画の原作の大長編漫画、コロコロコミックで1980年9月号から1981年2月号まで連載されてたそうで。私、1980年9月号、買いました!親戚ん家に遊びに行った際買ってもらって読んだ記憶があります。ただそのときはかなり壮大な話だと思ってた記憶があります。すげー、今度は宇宙かよ〜って。けど、今見たら普通でした。当たり前か。でも懐かしい!子どもにはとってもいい話だと思います。や、大人にも(笑)
posted by 映画のせかいマスター at 07:44| Comment(2) | TrackBack(1) | ドラえもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

ドラえもん のび太の新魔界大冒険 #800

2007年 日本 120分 映画ドラえもん

今年も見に行っちゃいました。ドラえもん!行ったのは公開2日目とあって結構な入りでした。一度5本目に「のび太の魔界大冒険」が作られていますが、今回はただの焼き直しではなく、脚本になんと小説家の真保裕一氏を迎えています。

もしもボックスで魔法世界になった地球を舞台に、魔界星が接近し天災が相次ぐ中、魔界星の魔王デマオンと戦うのは魔法博士の娘、美夜子。ドラミちゃんも活躍します。

ヒロインの声は相武紗季の他次長課長の河本や久本雅美などの声のゲストも迎えてます。

脚本の良さは前半に仕掛けられています。ちょっと未来からもしもボックスにお願いしないようにタイムマシンで戻った際のタイムパラドクスを利用したトリックが後半できれいにまとめられるのはスッキリしました。

あとはいつも出てくる敵役の間抜けな手下。星の数のところはついつい笑っちゃいました。いやーいいですよ。ドラえもん!


公式サイト
posted by 映画のせかいマスター at 08:20| Comment(4) | TrackBack(0) | ドラえもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

汚名 #799

1946年 アメリカ  102分 ヒッチコック監督

イングリッド・バーグマンとケーリー・グラントという2大スターの共演作。ヒッチコックって結構大物と組んでるんですね。イングリッド・バーグマンは若くてとてもキレイ!ヒッチコック監督も入れ込んでたみたい。

国家反逆罪で父親が逮捕される汚名を背負った娘にFBIの捜査官デブリンが急接近。指令の中でだんだんと二人は恋に・・。

原子爆弾を作る為のウラニウムをワインの瓶に詰めてたり、コーヒーカップを小道具に上手く使っていたり、ヒッチコックならではのシーンも多いが、どうもバーグマンに集中しちゃってミステリーとしては弱い感じがする。お洒落に楽しむならこの一本、って感じです。

ラベル:ヒッチコック
posted by 映画のせかいマスター at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | あ行の映画(43)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

ビリー・ワイルダー監督

ビリー・ワイルダー監督作品一覧
1942 少佐と少女
1943 熱砂の秘密
1944 深夜の告白 #75
1945 失われた週末 #1068
1948 異国の出来事 #79
1948 皇帝円舞曲 #1146
1950 サンセット大通り #852
1951 地獄の英雄
1953 第十七捕虜収容所 #1275
1954 麗しのサブリナ #1191
1955 七年目の浮気 #1687
1956 翼よ!あれが巴里の灯だ #163
1957 昼下りの情事 #1153
1957 情婦 #221
1959 お熱いのがお好き #74
1960 アパートの鍵貸します #55
1961 ワン・ツー・スリー/ラブハント作戦 #1193
1963 あなただけ今晩は #1155
1964 ねえ!キスしてよ
1966 恋人よ帰れ!わが胸に #1273
1970 シャーロック・ホームズの冒険 #1274
1972 お熱い夜をあなたに
1974 フロント・ページ #288
1979 悲愁
1981 新・おかしな二人/バディ・バディ
posted by 映画のせかいマスター at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 監督別リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

江戸川乱歩映画

○江戸川乱歩映画シリーズ
D坂の殺人事件 #2349(2015)
双生児(1999)
D坂の殺人事件(1998)
人間椅子(1997)
人でなしの恋(1995)
RAMPO 奥山監督版(1994) 黛監督版(1994) (インターナショナル・ヴァージョン)(1995)
押繪と旅する男(1994)
屋根裏の散歩者(1992)
罠(1981)
江戸川乱歩の陰獣(1977)
屋根裏の散歩者(1976)
江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間(1969)
盲獣(1969)
黒蜥蜴(1962)(1968)
修羅桜(1959)
蜘蛛男(1958)
少年探偵団シリーズ 妖怪博士 二十面相の復讐(1957) 二十面相の悪魔(1956) 夜光の魔人(1957) 鉄塔の怪人(1957) かぶと虫の妖奇(1957) 透明怪人(1958)首なし男(1958)敵は原子潜航艇(1959)
死の十字路(1956)
名探偵明智小五郎シリーズ 青銅の魔人 (1954-1955)
一寸法師(1955)
怪人二十面相 三部作(1954)
氷柱の美女(1950)
幽霊塔(1948)
一寸法師(1948)
パレットナイフの殺人(1946)

▽TVドラマ
天国と地獄の美女〜江戸川乱歩の「パノラマ島奇談」〜(1982)
黒蜥蜴(江戸川乱歩ドラマ2015)#2374
posted by 映画のせかいマスター at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 原作者別リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

吉田喜重監督

1933年 福井県福井市生まれ。1960年映画監督としてデビュー。1964年 女優、岡田茉莉子と結婚。松竹ヌーベルバーグの一角としてデビューし、ATG時代には難解な作品を残す。現在もなお意欲的な作品を制作し、日本映画界を代表する監督の一人だ。

1960年 ろくでなし
1960年 血は渇いてる
1961年 甘い夜の果て #1332
1962年 秋津温泉 #1328
1963年 嵐を呼ぶ十八人 #1327
1964年 日本脱出
1965年 水で書かれた物語
1966年 女のみづうみ
1967年 情炎
1967年 炎と女
1968年 樹氷のよろめき
1968年 さらば夏の光
1970年 エロス+虐殺
1970年 煉獄エロイカ #370
1971年 告白的女優論 #669
1973年 戒厳令 #832
1986年 人間の約束
1988年 嵐が丘
2003年 鏡の女たち
posted by 映画のせかいマスター at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 監督別リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウィル・スミス

ベスト・キッド (2010)  
ハンコック (2008) 
7つの贈り物 #1271(2008)
レイクビュー・テラス 危険な隣人 (2008)
アイ・アム・レジェンド #1147 (2007)
幸せのちから (2006)
最後の恋のはじめ方(2005)
世界で一番パパが好き! #572(2004)
アイ,ロボット(2004)
シャーク・テイル(2004)
バッドボーイズ2バッド(2003)
メン・イン・ブラック2(2002)
ALI アリ(2001)
バガー・ヴァンスの伝説(2000)
ワイルド・ワイルド・ウエスト(1999)
エネミー・オブ・アメリカ(1998)
メン・イン・ブラック(1997)
インデペンデンス・デイ(1996)
バッドボーイズ(1995)
メイド・イン・アメリカ(1993)
私に近い6人の他人(1993)
ハートブレイク・タウン(1992)

製作総指揮
アイ,ロボット(2004)
ショウタイム(2002)
posted by 映画のせかいマスター at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 出演者別リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三谷幸喜映画

1983年大学在学中に劇団「東京サンシャインボーイズ」結成。放送作家としても活動し、1993年には「振り返れば奴がいる」ドラマの脚本家としてデビュー。以後、「古畑任三郎」、「王様のレストラン」など続々と手掛ける。王様のレストランはいろんな示唆に富んでいて個人的には好きでした。映画では以下の作品がある。

ギャラクシー街道 #2397(2015)
大空港2013(ドラマW)#2000(2013)
清須会議 #2141(2013)
ステキな金縛り #1645(2011)
ザ・マジックアワー #1227(2008)
THE 有頂天ホテル #728(2006)
笑の大学 #850(2004)
竜馬の妻とその夫と愛人 #211(2002)原作、脚色
みんなのいえ #219(2001)監督、脚本
世にも奇妙な物語  映画の特別編#265(2000) 脚本
ラヂオの時間 #198(1997) 監督、脚本
12人の優しい日本人 #218(1991) 脚本

舞台
【舞台】笑の大学 #849(1998)
【舞台】伊東四朗生誕70周年記念 社長放浪記 #977
【舞台】コンフィダント・絆 #1054
田母神家の一族 #2335

TVドラマ
わが家の歴史(TVドラマ2010)#1359
short cut(三谷幸喜ドラマ2011)#1490
オリエント急行殺人事件(三谷幸喜ドラマ2015)#2190
posted by 映画のせかいマスター at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 原作者別リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

舞台恐怖症 #798

1950年 イギリス 110分 ヒッチコック監督


舞台女優が夫を殺してきた、ドレスが血で汚れているから、と服を取りに彼女の家に。強盗に見せかけようとしてたらメイドに見つかっちゃう。一気に容疑者となってしまった男が逃亡するのはヒッチコック何時ものパターンかと思っていたのだが・・・。

舞台女優はマレーネ・ディートリッヒ。ヒッチコックと組むのは珍しいですが、ここでも「らしさ」を十分発揮しています。なんと劇中では彼女のコンサートの場面も。でもなんとなく主人公でありながらゲスト的な出演に見えてしまいます。というのも話は男と行動を共にする劇団員ジェーン・ワイマンに移ってしまうからです。2枚目のスミス刑事(マイケル・ワイルディング)やインパクトが強い彼女の父親などが絡み、一時はディートリッヒが一気に悪役になってきます。このままチョー悪役だったらそれはそれで彼女の魅力に繋がりそうだったんですが・・。



パトカーで警察署に連れて行かれる時の人ごみの中にヒッチコックはっけーん!
posted by 映画のせかいマスター at 05:02| Comment(0) | TrackBack(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

第3逃亡者 #797

1937年 イギリス 84分 ヒッチコック監督

ヒッチコック得意の犯人にされちゃう型ミステリーだが、年代が年代だけに、プロットは古い。海岸に美女の死体があって、その横に凶器のベルトが落ちてる。第一発見者が犯人にされちゃって、自分の無実を証明するために盗まれた自分のベルトを探すため脱走する。警察署長の美人の娘と車で真実への旅をするうちにだんだんと二人の間に・・・。という話。それでもシンプルイズベスト、単純なつくりでも十分楽しめる。飽きずに見れるのは時々入るギャグ的なユーモアある映像などのマジックがあるからだろう。シンプルだからとちょっと油断していたら、冒頭に出てきた顔面神経痛っぽい男が最後に出てきてびっくり。

ところで第3の逃亡者って?もしかして主人公、ヒロイン、そして・・「犬」じゃないだろうねえ(笑)

6月までyahooの無料動画で見ることが出来ます。
ラベル:ヒッチコック
posted by 映画のせかいマスター at 06:41| Comment(2) | TrackBack(1) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

レベッカ #796

1940年 アメリカ 130分 アカデミー賞作品賞 ヒッチコック監督

ヒッチコックのアメリカ第1作にしてアカデミー作品賞を受賞したミステリー。突然の出会いで結婚を決めた相手の家には、死んだ前妻の見えない影が・・。ヒロインがその家に馴染めるかどうかって話でも最近の昼メロの題材に十分なりそうだし、劇中出てくるダンヴァーズ夫人のキャラは今でも十二分に通用しそう。でもこの作品は、前婦人レベッカを殺害した疑惑が持ち上がってきてまたまた新たな展開になってくる。そしてレベッカの意外な思惑が判明し・・。

レベッカはすでに死んでいるため、全く出てこないのであるが、にも関わらず凄い存在感。そしてキーを握るともいえるダンヴァーズ夫人・・。ヒッチコック作品、しかもかなり古い時代の作品に入りますが、なんとなく作りが高尚でした。

ラベル:ヒッチコック
posted by 映画のせかいマスター at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ら行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする