2007年03月14日

里見八犬伝 #791

1983年 薬師丸ひろ子

スカパーの日本映画専用チャンネルの2007年2月の特集は「24時間まるごと薬師丸ひろ子」でした。彼女の全盛期は「セーラー服と機関銃」や「探偵物語」と思うけど、その他のこの作品や最近の映画もまた違った視線で楽しめました。違った視線ってどんな視線だよ、って部分を書けたらなあと思います。

で、この里見八犬伝。「その世界」にどっぷり浸かって見れば面白いです。セットや衣装も頑張ってるんだけどなんだか学芸会的なノリなんですねえ。薬師丸ひろ子はそのまんま、これしかない!っていうお姫様役です。セーラー服と機関銃はどうなっちゃったの〜って感じ(笑)
夏木マリはこわーい悪女だし・・。その後も何度か共演することになる真田広之は伊賀野カバ丸(知る人ぞ知るB級コメディ映画でした)ふう。話はドラゴンボールみたいで八つの玉を持った人たちが活躍。これ、去年博多座でやってたけど、舞台の方が面白そう。

薬師丸ひろ子のイメチェン?イケイケの演技も注目です。



posted by 映画のせかいマスター at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする