2007年03月20日

第3逃亡者 #797

1937年 イギリス 84分 ヒッチコック監督

ヒッチコック得意の犯人にされちゃう型ミステリーだが、年代が年代だけに、プロットは古い。海岸に美女の死体があって、その横に凶器のベルトが落ちてる。第一発見者が犯人にされちゃって、自分の無実を証明するために盗まれた自分のベルトを探すため脱走する。警察署長の美人の娘と車で真実への旅をするうちにだんだんと二人の間に・・・。という話。それでもシンプルイズベスト、単純なつくりでも十分楽しめる。飽きずに見れるのは時々入るギャグ的なユーモアある映像などのマジックがあるからだろう。シンプルだからとちょっと油断していたら、冒頭に出てきた顔面神経痛っぽい男が最後に出てきてびっくり。

ところで第3の逃亡者って?もしかして主人公、ヒロイン、そして・・「犬」じゃないだろうねえ(笑)

6月までyahooの無料動画で見ることが出来ます。
ラベル:ヒッチコック
posted by 映画のせかいマスター at 06:41| Comment(2) | TrackBack(1) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする