2007年04月11日

白い恐怖 #823

1945年 アメリカ 110分

グレゴリー・ペッグとイングリッド・バーグマン共演のヒッチコックサスペンス。ペッグが記憶喪失になってて、医者役のバーグマンの勤め先の病院長としてやってくる。

失った記憶を巡る話だが、そこに両優のロマンスを絡ませて、うまく繋いでいる。最近はあまり使われなくなったけど、ラストの拳銃の構図もかなり斬新だったかと思う。そして夢のシーンでサルバドール・ダリのデザインが登場するなど見どころも一杯。

ただ、精神分析モノとしては、その後(特にここ最近より複雑に)あらゆる試みの作品が作られているんで、あまり刺激が無くなっちゃった。この時代ではかなり斬新だったんだろう。古きよき時代は古典でしか味わえなくなったのかな。
ラベル:ヒッチコック
posted by 映画のせかいマスター at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

断崖 #822

1941年 アメリカ 100分 ヒッチコック監督

原題は“Suspicion”これも原題のほうがしっくりきますね。でも邦題に魅力を感じて見てしまいました。夫に対して疑惑の念を抱く妻の話。でも列車の出会いから、家族の反対まで、どう見ても騙されちゃった感が強い。ケイリー・グラントは、二枚目なこと以外はひと癖ありそうな男。どうしてこういうのに引っかかっちゃうかねえ(笑)ジョーン・フォンティーン。ちなみに美女の多いヒッチコック作品の中でもかなりの美形です。

で、疑念の始まりも金持ってない、って所から。結婚する前にちゃんと調べとけよーって感じもしなくもない。しかし設定はどうあれ、この妻の疑惑、よくありがちですよねえ。うまいです。さすがヒッチコック。

そして邦題の断崖も中盤過ぎて出てきます。それはもう見事な断崖(笑)!ここが妻のトラウマになっちゃうんでしょうね。最後にも出てくるんで重要な場所です。オチはあれでよかったのかな??弱いけど。あんまりドロドロしないほうがいいのかも?

ところで、この映画のカラーキレイですね。
ラベル:ヒッチコック
posted by 映画のせかいマスター at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする