2007年04月18日

ホテル・ルワンダ #831

2004年 英・加・南アフリカ、伊 125分

舞台は1994年のルワンダ大虐殺。数ヶ月で100万人もの人たちが殺された。1994年!?最近じゃないですか。こんなことやってたのに記憶にないっすねえ。あまり情報が伝わってこなかったのでしょうか。最も当時の私は新聞も取ってなかったんで、私自身のせいかもしんないけど・・。戦争にしたって現地の人以外はTVでまるで他人事のように見てしまっているし、だんだん現実と作り物の境が無くなって来ちゃってる感じがする。ルワンダで何か起きていようともTVさえ付けなかったら知らないで済ませちゃう。しかし実際は、同じ国の、しかも似たような容姿の人たちが民族が違うと言うことだけで殺しあう。

主演のドン・チードルは、ホテルの支配人で1000人以上の命を救うことになるある種の英雄なのだが、あまりヒーローっぽく見えないところがよい。淡々と人間としてやるべきことをやっただけに過ぎない、といった感じで、出来る限りの知恵と勇気で危機を乗り越えていく。五つ星ホテルのプライドもあったのだろうが、なかなかあの状況で出来ることではない。

こういうことは、もしかしたら今も起こってるのかもしれない。数年経ってあの時こうだった、と言われる前に何か出来ることはしないといけないんだろうけど・・・。


posted by 映画のせかいマスター at 06:31| Comment(2) | TrackBack(1) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする