2007年05月19日

ハリー・ポッターと炎のゴブレット #856

2005年 アメリカ 157分

久々に見たハリポタ。思えば1作目を見たのは5,6年前。2作目は#7にレビュー書いてるけど、チョー適当。当時ブログを続けるつもり無かったですからねえ(苦笑)で、3作目は見てなくて今回4作目。すっかりハリーらも大きくなっちゃって。14歳の設定が苦しくなってきますね。ハリー役の ダニエル・ラドクリフは16歳ですから。第7巻で最終話ってのも良い潮時かも。映画はそれまで続くんだろうか。キャストも同じ人が続けて出てるし、シリーズモノとしては製作の苦労もあるんだろうけど頑張って欲しい。・・ってずっと見続けるかどうかわかんないけど。

でも4作目ともなるとハリーポッターの世界がだんだん浸透してきた感じで、「ならでは」の展開、ならではの設定も許容されてきました。2作目のときは独自のルールとかわかんなくて戸惑ってた記憶があります。そのときチラッと書いてた女の子のお化けもレギュラー出演していてキャストを集めるのも大変そうだけど、あと3作最後まで製作してほしいものです





1 『ハリー・ポッターと賢者の石』
2 『ハリー・ポッターと秘密の部屋 #7
3 『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』
4 『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』
5 『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』2007年7月21日に映画公開予定
第6巻『ハリー・ポッターと謎のプリンス』
第7巻『ハリー・ポッターと死の秘宝』
英では2007年7月21日に発売予定


posted by 映画のせかいマスター at 06:01| Comment(2) | TrackBack(1) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする