2007年05月31日

ドラえもん のび太の海底鬼岩城 #868

恐竜時代、宇宙、魔境、ときて4作目は海底が舞台。地球の中の実際にある謎の部分が舞台なのは冒険心をくすぐられていいです。日本海溝とか、知ってるようで知らない海底の知識は子どもだけでなく知的好奇心をくすぐるし、バミューダトライアングルの謎に、アニメの内容を絡めて一つの答えを出してるところも面白い。まだまだ地球には私の知らない謎が隠されているんですねー。

2つの友情物語があって、一つはちょっと変わったコンピュータのバギー君としずかちゃん。ポンコツマシンとみんなに罵られて膨れるバギー君だけど、しずかちゃんだけはちゃんと話に耳を傾けようとする。そのことが最後の大活躍につながる。もう一つは地球人と地底人。一時は険悪な雰囲気を乗り越えて、共に鬼岩城を目指す。人間は海を汚しちゃいけない、っていう当たり前のメッセージも見終わったら頭に残っちゃう。

敵キャラは魚の形をしたロボ風で、なかなか凝ってます。地底人が22世紀の道具を持ってるほど開かれた文明を持っていながら地底に沈むことになったという設定もいろいろ考えさせられますね。

posted by 映画のせかいマスター at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラえもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする