2007年06月26日

ドラえもん のび太とブリキの迷宮 #894

1993年 日本 

のび太のパパから始まるシリーズ第14作。ついにパパがストーリーに絡むか、と思いきや、そんだけ〜でした。で、パパに送られてきた招待カバンから出てきたどこでもドア風のドアでブリキン島へ。接待を受けて上機嫌のドラえもんとのび太だったが、そこには罠が・・。のび太に22世紀へ帰ると告げた後、ドラえもんは連れ去られてしまい、二人は離れ離れになってしまう。ドラえもんに愛想を尽かされたと思って悩むのび太だったが、実はその頃ドラえもんは壊されて、捨てられてる。枕の下のスペアポケットに気付いたのび太はジャイアンらとブリキン島へ向かう・・・!

ドラえもんの道具が無い状態で中盤まで展開する珍しい構成。ブリキの迷宮もドラえもんが作り出した世界ではないため、謎の多いまま話は進んでいく。ジャイアンたちも途中まで話に絡まず、いつもと違った感じだったが、中盤からはいつも通りの展開。ブリキのおもちゃもカワおかしくて笑えます。

posted by 映画のせかいマスター at 05:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラえもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする