2007年06月30日

フラガール #898

感動した。昭和40年の東北の炭鉱への懐かしさや、方言、フラガールたちの素直な態度に思わず涙!

「仕事」ってなんだろう。それまで当たり前と思っていた仕事が時代と共に価値を生み出さなくなってくる。仕事とは山に入って危険を顧みずに石炭を取ることだと思ってた炭鉱の人々はハワイアンセンターの設立に反対する。

しかし、炭鉱は結局閉山し、失業者が溢れることに。そんな町を救うのがハワイアンセンターであるからわからないものである。東北にハワイアン?町の誰もがまともに請合わなかった。そんなムードに立ち向かったフラガールたちの熱い思いを描く。

流行りや、需要の流れがあるのは仕方が無いことだから、世につれ仕事も変化するのはわかる。しかしそこへ、全く価値観の違うものがぶち込まれてきた時の衝撃も凄そう。メンバーの一人は親が解雇されて他の町へ移動するんで抜けなくちゃならなくなっちゃう。

この炭鉱夫とフラガールという似ても似つかぬ関係を繋ぐ者たち、ということで蒼井憂の母親役の冨士純子が最後にいい見せ場を作ってました。


この話、なんと実話で、松雪泰子がやってた人も今もなお実在してハワイアンセンターで頑張ってるらしい。

それにしても役者さんたち、みんなフラダンスそーとー頑張って練習したんでしょうねー。蒼井憂ちゃん、良い顔してました
posted by 映画のせかいマスター at 06:52| Comment(1) | TrackBack(1) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする