2007年07月04日

獄門島(総集編)#902

1949年 日本 

片岡千恵蔵主演の横溝金田一シリーズ。スーツ姿の片岡千恵蔵が最初の金田一だったんですね。時代と共に古めかしくなってます(笑)この時代の特徴なのか、台詞回しが早口で、音声も聞き取りにくいこともあって話の筋が追いにくい。石坂金田一の獄門島ともちょっと違ってて鐘のトリックもないし、犯人も違うけれど、謎解きミステリーの要素は入ってます。千恵蔵が高笑いしながら謎を解いていく部分はあれれのれでしたけど(笑)

この映画、実は前半ビデオが回ってなくて見逃してしまったんだけど、なんとか付いていけました。

ちなみに読み方は「ごくもんじま」、原作は1947年1月から1948年10月までの連載なので、連載中に撮影開始してたわけで結末はすでに決まっていたんでしょうね。

同じ時期に片岡千恵蔵以外の横溝シリーズも映画でやってたんで、かなりの人気が伺えます。
片岡千恵蔵版シリーズ
三本指の男 #903 (1947) 片岡千恵蔵版シリーズ第1作
獄門島(総集編)#902 (1949) 片岡千恵蔵版シリーズ第2作
八ツ墓村 (1951) 片岡千恵蔵版シリーズ第3作
悪魔が来りて笛を吹く (1954) 片岡千恵蔵版シリーズ第4作
犬神家の謎 悪魔は踊る (1954) 片岡千恵蔵版シリーズ第5作
三つ首塔 #904 (1956) 片岡千恵蔵版シリーズ第6作

横溝正史映画
posted by 映画のせかいマスター at 06:31| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする