2007年09月28日

炎の少女チャーリー #987

1984年 アメリカ 115分

スティーブンキング原作。「キャリー」のような能力を持つ少女なんだけど、今度はスケールアップして政府の黒い力に利用される話。冒頭から謎の組織の謎の実験から逃げていく父子のストーリーがテンポよく進んでいく。

子役時代のドリュー・バリモアは流石の貫禄なんだけど、まだ普通っぽい少女。この子がどんどん化けてくんだから、血筋は侮れませんねー。画像や演出がところどころダサいのが残念。B級映画?

posted by 映画のせかいマスター at 06:34| Comment(0) | TrackBack(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする