2007年09月30日

続・社長漫遊記 #989

1963年 日本 89分

木村社長秘書(小林)は、タミエ(藤山陽子)との見合いが破談になって、悶々とした日々を送る。堂本社長(森繁)はアメリカ帰りでワイフにサービスを続けて、九州は別府の海地獄へ。温泉卵で大満足の二人だがだんだんと浮気心に火がついてくる。自分で合理化のために社長交遊費を削ったのを忘れて後悔してる。

合理化VS日本式ってこの頃からあったんですね。社長シリーズではテーマの一つ。結局、アメリカ式よりも多胡九州支社長(三木のり平)の日本式芸者遊びでなんとなく商談に成功しちゃう。出資したバーのマダム(淡路恵子)から取り下げた10万円をそのまま出会った芸者(草笛光子)に貢いでたりもする。今でも芸者遊びってあるのかな??
posted by 映画のせかいマスター at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする